赤穂亮VSプンルアンの予想?よく分からない。。。


赤穂亮VSプンルアンの予想、、、わからないなぁー。

ちょっと前に、アメブロにて赤穂選手については色々と書いた。
亀田和毅が逃げた的な説は、あり得ない!

って感じにアメブロにて記させていただきましたね。

似たような事を書きますけど、

赤穂亮選手のフィリピンでの試合を見た時の事の印象は、

ウェイトも上げていて連勝を築いていると聞いていたので、色々と変わっていると期待したら

、、、何にも変わってなかった。
彼は、感性で戦うワンパンチを決めに行くスタイルのままだった。

相手の打ち終わりにリターンをかましていく、

ちょっとした隙を狙い漬け込んでいく戦い方で、

ミドルレンジからのアッパーの空振りもカウンターを狙ってるよという威圧的に使って、ワイルドさを出しているのが彼なりのゲームの作り方だ。

でも、当たるイメージが無い。

あれは、作り込みがないのが原因です。
中間距離でのリードブローで上下に散らしながら、

距離・空間を掌握してゲームを作り込むというのが無いから、当たるという期待ができない。

これは、きちんとした王者クラスには!っていうのを前提にしています。

コンビネーションも、ディフェンスにおける部分も、

何一つ引き出しを増えている印象もなく、

工夫をしながらボクシング道を歩いていると思っていたが、

自分の持っているものを伸ばそうとしたのだろう。

それでは、ダメなのです。
マジカルボックス・佐藤洋太に喫した敗戦で、

世界戦とは何たるや!を飲み込んで自分を見つめているものを感じなかった。

打ち終わりに煽って、ちじこませる感性のスタイル。

ハマればいいが、見切られたらジ・エンド。
要するに、そういうのがハマる相手待ちだった感じじゃないのか?

と疑問を持ってしまうのです。

だから、赤穂亮はダメって思ったのです。

確かに、

武運を手繰り寄せるのも才能。

でも、岩佐亮佑VSハスキンスを見て、何か思う事は無かったのだろうか??
そして王者決定戦が、プンルアンが相手だと聞いた。

亀田和毅に負けた選手だ。


正直、大した事ない。

軽やかなフットワークがあるわけでなく、

スピード自体も、そんなにあるわけではない。

でも、そんなに甘くない。

タイ国で行われるアウェイな空気とかの問題を言うよりも、

赤穂のビッグパンチはブロックの上を叩くが、被弾も多少するが、

赤穂が飛び込んだ後に、細かいパンチでコツコツとポイントを取るように努力を務めて、きわどい判定とか言われながら、

プンルアンが勝つんじゃないだろうか?

いや、プンルアンも並だったからなー。

うーん、どっちでもいいかなー。
勝ったほうが、松本亮選手か大森将平選手と戦えばいいんじゃないでしょうか。
以前、アメブロで書いたものをここに映します⬇︎
赤穂は、もっとパシャパシャなパンチであろうと、
頭からガチャガチャに仕掛けて、
ボックスする選手のゲームを壊しにいくとか、
ダーティーに突っかかって相撲・レスリング行為などをし、上体を起こしていくとか、やるべきだ。

勝利至上主義の世界は、勝利こそ全て。

どうせ世界に挑むなら、とことん狂って赤穂亮がベルトにしがみつこうと闘うのを、僕は期待する。
佐藤洋太戦の二の舞みたいに、流れを変えに行かなければならない時に、

同じ事を繰り返すのはやめてほしい。


試合を壊しに行け!!

泥臭いやり方が勝機だ。
普通に考えたら、赤穂亮選手クラスは日本のランカーのホープに踏み台になる事こそ、日本の未来に繋がると思うんです。

それが、僕が昔見ていたボクシングだった。

今度こそ、変化した赤穂亮選手が見れるか。それはないと思うんですけどね(~_~;)

結果を待ちましょうか。
予想が言えない、、、こういう世界戦が増えた

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中