那須川天心の次元の違い。そして、VS小笠原裕典

僕は、トーナメント覇者は那須川天心が圧倒的だとみていた。
それは、BLADE2のパンフレットでも記載させてもらった通りですm(__)m

みんな、そう見ていたと思う。

対抗馬として、名が上がっていた小笠原選手の動画は少し映像チェックしていた。

小笠原選手とお話させていただいた事はほんの少し挨拶させてもらったので、

申し訳ないのだが、、、

どうやって勝つのかが見えない。

これが第一印象だった。
まずは、パンチに対する動作だ。
どこか、怯えているとまで言わないが、避け方が良くない。

体格的な大きさ・リーチ差を評価されていて、対抗馬の名が上がっていたのも分かるが、
オラオラと攻撃しているシーンのハイライト映像だったので、評価をするのは難しかったが、正直スピードはそんなになく見えた。

左・右・左・右と打つたびに、間がある上に、

そこまで重いパンチに見えなかった。

突っ立ったフォームで打つパンチに、このパンチなら、那須川天心が合わせて終わるんじゃないか?

こんな感じで見立てていた。

ーーーーーーーーーーー
さて、試合を大まかに振り返る。

最初のゴング開始に、リング中央にたどり着いたのは小笠原選手だった。

これは、良かった!

終始プレスをかけていくぞ!という意志・陣営の戦略を体現していた。

そして、那須川天心の手と足のスピードに付き合うのは良くないと判断していたので、

フェイントをかけながら、手を出したとしてもジャブ、右のパンチもジャブのように打ち、手を元の場所に戻す戦い方をしながら、消耗戦に誘うようにしていた。

なるべく手を出さない、この心掛けで行く、と。

後半、那須川天心に「KOしたい!」という思いにさせて、

焦らせて、大ぶりになったところに、

何かを持ってくるの考えていたのだと思う。

防御専心とプレッシャーで疲弊させる、、、これだった。

那須川天心の攻撃を多少受け止めても大丈夫であるように、

那須川天心を後退させながら、ウェイトの乗ったパンチを打たせないようにする。
そして、神経を磨り減らさせて、身体を弱めていくという事だ。

でも、残念だった。

小笠原選手は、タフネス、耐久性が抜きに出ているものがあれば良いのだが、そうでもない。

那須川天心が、かわせないような多彩なパンチングブローのコンビも持ち合わせていない。

そして、コンパクトなパンチでも確実に重いパンチというのもない。

ムエタイルールなら一発逆転のヒジがあるが、それもルール上ない。

カウンターを最後に決めるという戦略しかないという事だ。

これが、那須川天心みたいな選手にどれだけ難しい事なのか。

その理由と体格差の面について、ちょっと個人的な思いを書く⬇︎

ーーーーーーーーーー

那須川天心は、もちろんスピードと目の良さとタイミング、そして斬れ味抜群のカウンターブローの持ち主でそこをフォーカスされる。
僕も、そこに惹かれています。

でも、それだけでは無い。

このトーナメント前に言われていた体格差の問題。(僕も懸念したり、しなかったりしていた)

この体格差ですが、那須川天心選手がインタビュー時に、

「体格差は、特に感じないです」

と言ってたのは、身体をぶつけ合った時に身体の使い方に差があるというのはあるのももちろんですが、

これ、K-1のゲーオの試合を見たら分かるし、パッキャオやメイウェザーの試合を見ても分かってもらえると思いますが、

ポジショニングが大いに関わります。

経験値や感覚として、相手の攻撃の当たらないエリアを掌握し、

自分だけが攻撃を決められる位置取り。

これを理解してしまったら。

そこに、体格差という概念は無くなってしまうのです。

そして、この恐ろしい点は、

位置取りにレベルの差が起きた時に何が起きるのか?

自分の「これが当たるかなー?」って言うものを選んで、

決め技も仕切り直しのように距離を取りたかったら前蹴りもポンポン出せてしまうのです。

わざわざ、丁寧にリードジャブとかで散らして相手のパンチの軌道、癖、習性などを掌握しようとする手順を省いてゲームが出来てしまうのです。
対戦相手は、逆になります。

那須川天心のパンチ・蹴りの軌道、癖、習性、スピードなどを掌握しようとする前に、もらってしまうわけです。

考えれば考えるほど、最悪だと思いませんでしょうか?

さっき書いた、カウンターを決めるのも過酷なわけです。

そんな事を対峙して感じつつも、小笠原選手は、ここまで詰まったら手を出しそうな所でも手を出さず、やりきるという戦略でジリジリと疲弊させていったのが、よい印象となった2Rだった。

そこで3Rの那須川天心が選んだ事は、、、
大人だった。
距離を取った。
若干16歳の若者である那須川天心は、業界のスーパースターのレッテルを貼られている。

これだけの逸材だ。

だからこそ、勝ち気になってレベルの差はあると倒しに行く事を狙いたがるものです。

KOを欲するものです。

でも、ここで落ち着いて仕切り直すように戦いを見せた。

ポイントはリードしているのだ。

そして距離を取って、見て確かめながら行く。
小笠原選手は、このラウンド取らなくてはいけない。

プレッシャーをかけるように前進していくようにするのが小笠原選手。

那須川天心は、ミドルをスカしてガードを下げてコーナーの方へ下がっていく。

 誘い込みだ。

小笠原選手は、膝のフェイントをかけながらまっすぐ詰めていく。

ここで一旦、止まってペースチェンジを選んだりする修羅場は潜ってなかったのが小笠原選手。

コーナーにたどり着いた所に、右のパンチを狙っていってしまう。

那須川天心のような選手には、蹴りから入って行くのがいいと思うのだが、状況的に難しかった。
那須川天心は、まっすぐ下がりながらカウンターを誘っていた。

コーナー、ロープ際まで、下がっている時のフォームを見たら明らかだ。

プレッシャーに後ずさりをしながら下がると、腰・上体が立ってしまって、反応が落ちる。

また、ここでパンチを撃たれると腕が開いたりするものです。

そこが違った。

地に根を張り、左を思い切り狙い、斬って落としたカウンターが一閃した!

決まった瞬間に試合終了が分かる、強烈な幕切れだった。

正に、自分の戦い方も相手の勝利を渇望する状況も、

全て飲み込んで、試合を制した。

この試合が、大会のベストバウトだったと思う。

それと、善戦したように見える小笠原選手が

 

 

「那須川天心の掌の上で踊った出来事」


そんな試合だった。

僕が一番好きな試合のパターンだった。

それにしても、自分を理解して戦うと自然と良い方向に導かれるという、

そんな試合だった。

明日も、書き足りない点があったら書いてみようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中