那須川天心VS武尊は見たいけど、武尊に勝てる可能性があるのか?

昨日、書き足りなかった点を記していきたい。

小笠原裕典選手を圧巻の左のカウンターで斬って落とした那須川天心は、

コーナーに登ってからのウサイン・ボルトのようなポージングを決めた!

これも勝ったら、決める予定だったのか…こいつはヤバイ!!

そう思った。
確か、この準決勝の入場曲は、同門の梅原選手の曲をチョイスしている。
そして決勝は、ようやく自らのオリジナルバージョンの矢沢永吉の「止まらないha〜ha」だった。

決勝に使うというのをあらかじめ決めていたのが那須川天心選手自身で決めていたらしい。

これは観戦後に、那須川天心選手の父である那須川弘幸さんから聞いたので間違いない。

そう考えると、もう何もかもが、
“神童”那須川天心の!

“神童”那須川天心による!

“神童”那須川天心のための!
大会に過ぎなかった。
これを全て受け止めきった那須川天心選手に、ここが不満だったとか見つけるものがあるだろうか?

あれば是非、教えていただきたい。
優勝した後も、堂々としたマイクでK-1の武尊選手へ対戦アピールをしてのけた。

これが、何の迷いも見えない口調だった。

武尊選手には申し訳ないのだが、もう勝てる余地は無いだろう。
今回のBLADE2があるまで、この対戦に興味があった。

今も、興味はあるが目減りした。

それだけの差が二人に差があるように僕の目には映った。

だが、那須川天心選手が実現したいと思うマッチメイクは全て実現してもらいたいのが僕です。
今回の那須川天心の試合を見て、

武尊選手がまだ勝てる!!

というのは、考察して無いようにさえ感じる。

もちろん、勝負事には絶対は無いというのは頭にあるんですけど、、、

レベル差があると思うのです。

昨日の体格差の話をもう一度書くようで、申し訳ないですが、

武尊選手が、打ち合いで決めてやる!

みたいに行こうと素直にまっすぐ突っかかっていくというやり方では、

那須川天心という男は、

パッと勝手に察知して反応して捌いてカウンターを決めると思うのです。
経験値や感覚として、相手の攻撃の当たらないエリアを掌握し、

自分だけが攻撃を決められる位置取り。


これを理解してしまったら。

そこに、体格差という概念は無くなってしまうのです。
武尊選手は、好戦的で良い選手だと言い方は出来る。

普通なら。

でも、相手を那須川天心との比較となると、ワンパターンで、

リズムが一定で単調に、

とにかく攻めるのが好きな、

打ち合いが好きな、

タフマン・コンテストのノリが強いフィジカルとタフネスがウリの選手。

こうなってしまうのです。
もし、いつものように、ガツガツいく事を選ぶとする。

思い切りの良い受けながらのリターンブローからの左ボディまで突進しながら打っていくのだろうか?

その時にガードは空くし、モーションが大きいからカウンターの餌食だ。

というか、ボディブローまで繋げていけるのか??

もし、打っていけたとしたら、それも那須川天心が、わざと確かめているというか、

相手の軌道・スピード・威力を様子見しているだけに過ぎない。
武尊選手は、左のフックの上下などは使わず、ガードを固めて、

防御に徹しながら体で押し、那須川天心のスタミナを削りいくという、

小笠原裕典選手や九島選手が行ったやり方を選ぶだろうし、それを想定します。
ペースチェンジとか、そういうのも出来ないし真っ正直なファイトスタイルだ。

押してダメなら引いてみるが、出来るものを持っていない。

だから、突進を止めるカウンターをバチンと合わせられるし、スピード差を活かせる。

無理をせずに打った後に、身体を密着させて、武尊選手のリターンも打たせないようにする巧みさもケースによっては出すだろう。

それだけ大人な試合も出来る。
持っている攻撃手腕もさる事ながら、

そこにおける選択肢で勝利の手繰り寄せられるパターンが多いのも那須川天心の良さだ。
隙を感じた瞬間に、本能で動いて試合をしているように見え、

ボクシングの世界戦のように、12Rあるわけではないので、

持久力面でも問題が生じない。

唯一の心配は、成長期による減量が劇的に難しくなる可能性だけだろう。

これが起きなければ、あとは過剰なホームタウン・デシジョン以外に負ける余地は無い。

ホームタウンといえば、、、、この間の一人組み膝有りルールは、酷かったなぁー(~_~;)

まあ、それはいいとして。
那須川天心をどのように抑えつけて、

掴みながらでもラビットパンチだろうと、何でもいいからパンチを出して、印象をつかみに行けるか。

そう考えるとデラホーヤは、メイウェザーに対して上手く戦っていた。
そんな、イメージが出来ないのです。

デラホーヤは、ハンドスピードが素晴らしいから実現していた。

何故だろう?

16歳の那須川天心選手の方が、

武尊選手より、

試合においても!

試合後の佇まいでも!

青臭くなく!!

堂々としているのです。

優勝しても、感情を爆発させる事もなく、これは通過点という目線を感じた。

先を見据えて、最強を目指す志を所作で感じましたね。
武尊選手は、目線をどこに置くのか。
「K-1で優勝してから世界中の選手が『武尊と戦いたい』と言っている。

K-1で試合が組まれればいつでもやるし、自分が世界一強いことを証明する」 


本気でやりたいのなら、ワンマッチ契約で出来る所でやればいいのだ。

もしくはワンマッチ契約の条件でK-1にあげればいいだけだ。
専門的な目線がある人なら、結果は想定出来ているのではないだろうか?

選手や関係者に声を聞いたら、ある程度分かるはずだ。

那須川天心は、ゲーオみたいに見える逸材だ。
僕は、この試合を武尊選手が実現するように動いてくれれば、それだけで彼の未来は明るいものとなると感じる。

悔しいだろう。。。
逃げているとみられているのが現状だ。

タレント風情を目指すのか?

最強を目指すのか?

どっちになりたくて、この道を歩んでいるのか?
格闘技をしてるということは、最強を目指していると僕は信じたい。

この問いの答えを是非、教えてもらいたい。

それだけですね。

広告

2件のコメント 追加

  1. 2831 より:

    まだ那須川天心選手が打たれ追い詰められている所を見ていませんので武尊選手が勝てる可能性が無いとまで言える差は無いように思えます。武尊選手も状況によって闘い方を変えてくるでしょう、ワンパターンであそこまで登りつめられるほど甘い世界ではないと思います、実際那須川天心選手と少しタイプが似ている大雅選手に対しても下馬評を覆し勝利しています、武尊選手には攻撃を当てる技術が有ります、武尊選手の打撃が当たった時那須川天心選手もノーダメージではいかないと思います。私はこの両選手の対戦を楽しみにしてますし、どちらが勝ってもおかしく無いと考えています。武尊選手の打撃が当たる可能性すら無いのでしょうか?ご意見お聞かせください!

    いいね

    1. 大岡 暁 より:

      ありがとうございますm(__)m

      これは正直な話を書きますが、勝負事なので、どうなるかは分かりません。
      そして、僕の記事をタケル選手が読んでるか分かりませんが、彼にいつかは届くと思ってます。
      刺激的に書いているのは、盛り上がればいいという思いです。
      本気でやりたい気概があまり見えない現状を打破する気持ちを彼に見せてもらいたいのを含めた書き方をしています。
      皆さんで、是非盛り上げてくださいm(__)m
      よろしくお願い致します!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中