厳しく書く!赤穂亮VSプンルアンの感想を記す

赤穂亮が2ラウンドKO負けだったと。映像も見ました

http://youtu.be/xgPuLd5ySp4 

  僕は、試合前に書いた⬇︎

ーーーーーーーーーー

タイ国で行われるアウェイな空気とかの問題を言うよりも、

赤穂のビッグパンチはブロックの上を叩くが、被弾も多少させるが、

赤穂が飛び込んだ後に、細かいパンチでコツコツとポイントを取るように努力を務めて、きわどい判定とか言われながら、
プンルアンが勝つんじゃないだろうか?

いや、プンルアンも並だったからなー。

うーん、どっちでもいいかなー。
勝ったほうが、松本亮選手か大森将平選手と戦えばいいんじゃないでしょうか。

以前、アメブロで書いたものをここに映します⬇︎

赤穂は、もっとパシャパシャなパンチであろうと、

頭からガチャガチャに仕掛けて、

ボックスする選手のゲームを壊しにいくとか、

ダーティーに突っかかって相撲・レスリング行為などをし、上体を起こしていくとか、やるべきだ。

勝利至上主義の世界は、勝利こそ全て。

どうせ世界に挑むなら、とことん狂って赤穂亮がベルトにしがみつこうと闘うのを、僕は期待する。

佐藤洋太戦の二の舞みたいに、流れを変えに行かなければならない時に、

同じ事を繰り返すのはやめてほしい。

試合を壊しに行け!!

泥臭いやり方が勝機だ。

普通に考えたら、赤穂亮選手クラスは日本のランカーのホープに踏み台になる事こそ、日本の未来に繋がると思うんです。

それが、僕が昔見ていたボクシングだった。

今度こそ、変化した赤穂亮選手が見れるか。それはないと思うんですけどね(~_~;)

ーーーーーーーーーーー

いやー、我ながら良い事を書いてます。

この僕の要望と違う事、

佐藤洋太戦の反省の欠片も見えない、格闘技の本質を分かってない形で見事に砕け散った。

他者のブログやFacebookで、躍る文字を見ると、

レフェリングが酷い!

プンルアンが酷い!
こんな捉え方だ。

僕は、違う。

酷いのは、赤穂亮だ!!

先日、動画を見て、何人かの選手に動画URLと感想を送りました。

「大甘ちゃんですよ!」と僕はメッセージを添えてました。

では、大まかに試合を書きましょうか。

ーーーーーーーーーー

プンルアンはダブルのジャブを放っていく。

赤穂亮は、一つ目をかわしてツーに合わせて、パンチをカマしていくというやり方だった。

いつも通りと言える。

プンルアンは、ディフェンスにおいて決して目が良くない。

だから、赤穂亮の予備動作の大きいパンチも要所要所でもらう。

でも、見えて受け止めているから気持ちでいける。

そして、揉み合い・クリンチに行く際の部分で雑にもらうのが赤穂亮。

プンルアンが赤穂亮の大きいパンチをヘッドスリップでかわして、赤穂は突っ込んだ形になる。

プンルアンは下がらないのでクリンチになる前の際でパンチを入れる。

そして、揉み合いの所で、コツンと後頭部を叩かれて、レフェリーに注意を促す赤穂亮。

これが何回かあった。

、、、甘ちゃんだ。

気の強さがウリ?

愚直さがカッコイイ?

喧嘩師?

赤鬼??

亀田とやらせろ???

、、、勝負事を分かってない。

ボクシングをクリーンなものとして捉えてしまってるのか?

日本での試合に慣れきって、

レフェリーに促したら、

試合の味方が変わるって事しか経験してないのは分かるが、それで何とかなるって思っていたのだ。

僕は、書いた。

試合を壊しに行け!と。

乱戦しないといけない、と。

そんな立場のアウェイの選手が、あの心構えだ。

あんな揉み合いとラビットパンチくらい、普通だろう。

その試合のやり方に付き合うしか出来ない引き出しのないボクシングをやったし、

ボクシング道の積み上げがなかっただけ。

気が強い男なら、何故やり返さない!!

愚直なら、細かい乱打戦で手繰り寄せる意識を見せればよかったはず。

それなのに、何を勘違いしてるのかスラッガー気取り。

距離を取って、大きいパンチでバコン!とやろうとする単発のボクサー。

首相撲で投げ飛ばされて、力強さを失う。

  
これが、首相撲の要素の一つでもある。

そして2Rは、ナイス首相撲だ。

クリンチワークの中で、対策方法もなく前に押してく感じだったか。

組みの強さに解くことが出来ず、

クリンチアッパーを何発も受けて、左右に揺さぶり、赤穂亮がオロオロッとなったところに、ボコスカにコンビネーションをマトモに受けてフィニッシュだった。 

 
プンルアンの畳み込みへの流れの首相撲は、お見事だった。

それにしても、プンルアンはやりやすかっただろう。

これも、戦前予想で書いたのですが、大ぶりの赤穂亮のやり方が分かってきたら、

細かいパンチでコツコツと当ててポイント奪取。

これだけで判定で勝てた。

だが、プンルアンは分かったのだ。

クリンチワークとラビットパンチで、

「気合い入った顔してるくせに、臆病なんだね。気が弱いんだね♡ラッキー!!」

 で、首相撲だ。
赤穂亮は、喧嘩師でもなんでもないとバレたから、あの早い段階でフィニッシュが訪れた。

そして、プンルアンの体格やパンチの種類や、追い足の遅さとか、

そういう日本ボクシング的な目線でしか研究してなく、捉えて無かったので完敗した。。。

というのが僕なりの感想だ。

選手も陣営も含めた、敗戦だと言える。
メイウェザーVSオルティスというレフェリー再開後の瞬間の加撃にてKOした試合があった。

また、あれは試合展開も違うが、似ている点がある。

「ここで、決めてやる!」と決めた気概だ。
プンルアンの方が、格闘技は壊しあいを分かっていたという事です。

もう一点。
首相撲について書く。

首相撲という武器は、素晴らしい技です。

例えば、大ぶりにブチかまして相手にかわされたとしよう。

そして、前のめりや横に身体がヨロヨロなったとする。

この状態でパンチを受けたら、どうなるかは経験者は分かると思います。

メチャクチャ効きます。

ヒザカックンを食らって、身体がよろめいたとする。

その瞬間に背中を押します。

ヒザカックンを食らってない状態で背中を押されると、どちらが更に大きくよろめき、バランスを戻すのに時間を要するでしょうか??

答えは、簡単です。

サッカーだとする、、って例えだしたら、まだまだある。

勝負事は、際で決まる。

何人かに試合を見てもらった。

皆、一様に

「良い首相撲だ」

と言っている。

「技量の差がハッキリ出てる。

クリンチワークはムエタイ選手ならではのもの。文句無しですね。

最後の畳み込みも、文句無し」

とも。

これが正しい見方だと、僕は思う。

 反則だと言いたいファンの気持ちは分かる。

でも、これはボクシング世界王者が賭かっている。

今のボクシング世界王者の軽量級の価値は地に堕ちていく一方だと捉える事もできるかもしれないが、

その理由の一つと言っていい赤穂亮の負け方だった。

喧嘩師を微塵にも感じない、

プンルアンのやり方にイラつき、

自分のボクシングを貫くというより、

対策意識も、自分への疑問も無かったものが全て出た。

とはいえ、日本人のフットワーカーのアウトボクサーが勝負に徹していけば、
プンルアンにはサクッと勝てる気がする。

別に、赤穂亮選手を嫌いなわけではない。
でも、こういう本音を書かないと紐解き方を分からないのがファンの現状だと僕は捉え方だと感じる。

それを少しの人でも、僕は分かってもらいたいのです。

ーーーーーーーーーー

先日、那須川天心選手について記事を書いたらFacebookにて、こんな感じのコメントをいただいた。

「少なくとも私は全く興味がありません。キック、MMA何それ?って感じなので。」
と。

まあ、ボクシングが好きだけどキックボクシング?

興味無し!って感じなのでしょう。

残念ですね。

ボクシングの選手、元選手らで名のある人や上位にいる人ほど、互いの競技者に尊敬の念を持ち、交流しあっているのです。

互いに切磋琢磨しているのに、

その人にはよるが、これが現状だ。

僕は、これが変わってもらいたい。

という思いもありながら、アメブロの時から記事を書いてきた。

キックボクシングの記事も、僕はボクシング目線になっているので、ボクシングファンも読めるようになっていると個人的には思っています。

視野が広がり、またボクシングの面白さを見つけれるはずなのに残念だ。

赤穂亮VSプンルアンを

・地元贔屓のレフェリング

・クリンチワークから投げ飛ばし

・後頭部への加撃

で負けたみたいな問題じゃない事は、赤穂亮選手は分かっているだろうと思う。

まあ、これからの時代は、あのスタイルで国内路線を生き残るのは無理だろう。

アマエリートに負ける。

僕自身も見ていて、すごく勉強になった試合だった。
崩しからの攻撃のインパクト、

ここぞ!という畳み込みの勝負における嗅覚を勉強させてもらいました。

亀田和毅なら、またプンルアンとやっても勝つだろう。

先日のキックボクシングの城戸康裕選手の時にも書いたが、

「期間は十分あったはずなのに、変わらない気概なら辞めた方がいい」

赤穂亮選手にも、それを思った。

はっきり言って、こんな書き方をするのは僕にとって大損です。

関係の方に会う可能性は、あるのです。

でも、、、こう書く事の方が正しいと思うんです。

要するに、気概を違う形で見せてくれれば、また応援したい!!って事です。

 今のところは、もう応援しない。

諦めたという事です。

亀田和毅の方が、期待できる!!
これが本音です。
ーーーーーーーーーー

広告

2件のコメント 追加

  1. プロ より:

    お前頭おかしいやろ…死んだ方が良い

    いいね: 1人

    1. 大岡 暁 より:

      ありがとうございます。

      頭がおかしい、、、ですか。

      そうかもしれません。

      僕の見方は偏っていますので、申し訳ございません。

      今後とも、よろしくお願い申し上げます。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中