結婚したら強くなる?弱くなる?リング上でプロポーズ?

格闘技選手は、結婚して弱くなる選手がいる。

だが、、、逆もある。

背負うものが出来て、強くなる。

経済面のサポート、

体調管理面のサポート、

というメリットもある。。

選手によっては、背負っているものの強さで戦う闘志に火がつく、と。

人それぞれだ。

逃げる部分ができたので、家族を支えるために、競技への時間を失う方向へ向かう選手が多いのも、また事実。

これが難しい。
戦う理由、、、競技が好き。

俺が世界で最強だと知らしめたい自己顕示欲。

承認欲求というものとも言える。

まあ、一番大きいのが、

「カッコつけたい」

「辛いけど、気持ちいい」

これなんだと思う。
惚れた女に、

 

 

“カッコいいだろ!強えーだろ!!”

 

もしくは結婚し子供がいる場合は、自分の子供に、

 

 

“お父ちゃんは、強えーだろ!!”


こう思わせたい!

こう言わせたい!

これなのだと思うのです。

結婚して弱くなった人は、沢山いると思う。

でも、結婚して強くなった選手もいる。

結婚しても、しなくても強かったとも言える。

これを考えると難しくなるのだが、

皆さんなりの格闘技の名選手を皆さんなりに頭に浮かべて下さい。

いや、ボクシング以外のスポーツでも構わないんですけどね(~_~;)

フロイド・メイウェザー、

マニー・パッキャオ、

西岡利晃、

クリスチャーノ・ロナウド、

リオネル・メッシ、

ロジャー・フェデラー、、、

って、このあたりでやめておきますね^_^

結局、素晴らしいアスリートは結婚しても強い!

結婚したら弱くなると思う人は、しない方がいい。

結婚して、更に強くなれる!

と思う人は、した方がいい。

お前との間の子供に、カッコいい姿を見せ続けてやる!!

と思えるなら!!

是非結婚すればいいと僕は思う。

ーーーーーーーーーーー

ここから書きたかった話だ。

これはダメという話ではなく、価値観の話ですが、

僕はリングの上でプロポーズをする事が増えているのは嫌です。

大反対です。

なぜ?と言われたら、なんか嫌なのです。

理由は、後付けで語る事は出来るのだが、感覚的に嫌なのです。

ただリング上で、結婚をしましたという報告の場合は、

大丈夫です。

そして子供をリングにあげて、お客さんに感謝を述べるのもいいと思っています。

むしろ、それは是非してください!という気持ちだ。

なんていうか、プロポーズをするのだけが嫌なのです!
別に、

「この勝利の状況を借りないと言えないのかよ!」とか、

「断れない状況を作りやがって!」

とかは思ってないですよ。

僕は、そんな皮肉屋ではありません^_^

彼女には、事前に説明してる気もしますので。

美人な彼女をファンに見せたい気持ちなのかな?

いや、違うかな?

、、、というより、なんか違うんです。

例えば、

「結婚をしました!」のマイクだったら、

「俺は背負うものが増えて、また強くなれます!」って感じがするじゃないですか?
だから、良いんです。

「結婚してください!」、、、をリングの上で言うのは、
漢っていう感じがなくなっていると感じるのかな?

なんか、試合がオマケみたいな扱いに見えるといいますか、、、

どうせなら、結婚しましたという報告を絡めて、ファンと格闘技を絡めるメッセージのマイクにしてもらいたい。

 

 

 

試合がオマケではなく、女をオマケにしてもらいたいんです。

 

リングは殺伐としたものであってもらいたいのかな?

聖域で、あってもらいたいのかな?

最近すごく増えていますよね、リングからのプロポーズ。

まあ、会場にいたら思うんです。

「長いなー、この時間の使い方」と。

これが、皆んなの本音ですね。

身内だけじゃないでしょうかね?

OKとしてるのは。

それだけ書きたかったのです。
ベンソン・ヘンダーソンがプロポーズしていたけど、、、指輪をパッと渡して終わりにしてのに、それでも長く感じたもんなあー。
日本人の場合は、もっと長くやるもんなぁーm(__)m

ーーーーーーーーーー

個人的な結婚する女性への希望は、肌の露出が少ない女性は素敵ですね。

露出が多い女性はダメです。

乳の谷間を晒しているのはダメです。

素足をガッチリ出してるのも嫌なんですけど、

今の時代的に出してるのが普通だから、

ここはセーフのラインにしています。

人間は内面だろ??って、もちろんです。

そう思います。

でも、身嗜みに価値観、人生観は出ています。
父の谷間を晒している服を着ているという事は、
彼氏以外の不特定多数の男に向けたセックスアピールだと思うのです。

その服のデザインが好きなだけ!と言う方もいるんでしょうけど、

そのデザイン性だけで良いと認識しているような感覚の女性だったら、

それはそれで人格に疑問符がつく。

うーん、僕はワガママですね。

でも、共感してくれる人がいたら嬉しく思います。

さようならー^_^

ーーーーーーーーーー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中