狂拳・竹内裕二?インタビュー!Part2

大岡 では、ようやく質問しましょうか?笑

大月選手の試合を初めて見たのはいつですか?
狂拳 あー、20歳くらいかな?
大岡 そもそもキックを始めたのはいつですか?
狂拳 19で、やり始めて、21で一回ジムから離れて。
大岡 ウィキペディアにも載ってますよね?
狂拳 そう!

きつくて練習が。

ダルくて逃げて。

もう何回も、逃げてるから癖だね笑
大岡 それだけ、キツイ練習してるって事です。
狂拳 そうしないと身体が壊れちゃうし、スタート出来なくて。笑

結果的に怪我は無いんだけどね。
大岡 一旦、抜けるってどれくらいですか?
狂拳 だいたい半年とか。
大岡 長いなぁーー!!笑
狂拳 その間、運動ゼロで太って帰ってくると。笑
大岡 へぇー。笑

話を戻すと、やり始めてから大月選手を知って見たんですね。
狂拳 大月のDVDを仲間が貸してくれて見たのよ。

それで、オレのMAで初のタイトルマッチの時は、オレも真似して三角のトランクスにしてた。笑
大岡 確かに、なんかで見た事ある!

一時期、履いてましたね!!
狂拳 しばらくしたら、今まで作ってくれてた人が「三角のヤツは、もうやめなさい」って言われて。
大岡 そうなんですね!

その三角のトランクスは大月晴明の影響だと。
狂拳 影響というか作る時に、「大月の形みたいに作ってー」ってお願いしたのよね。

そん時にオレ、「大月とやらせてくれ!」って言ってたと思う。

あと、山本元気の名前も出したのよ。

そしたら、近いうちに会って直接言われたよ「やりたいんだって?」って。

まあ、実現しなかったけどね。
大岡 それぞれが、やりたい気持ちはあったと。
狂拳 そうかな。それからクラッシュのトーナメントがあったじゃん。
大岡 あの、大高選手とか水落選手とかの出てた時の!
狂拳 水落スタートのトーナメントだったかな?

いわゆる、チンピラ・スタート。笑
大岡 出ましたね!

チンピラ呼ばわり!笑

あの後楽園であった時に、

「おー!チンピラ!」

って呼んだ時は、どっちがチンピラか分からなかったですよ笑
狂拳 あれ?

水落ってトーナメントじゃなかったと思うなぁー。
大岡 あっ!

大高一郎の次が梶原龍児ですね!

あー!!次の野杁正明との試合のトーナメントでは水落洋祐と戦ってるんですね!!

僕は、この最初の方のトーナメントが好きでしたね!!
狂拳 あの石川のヤツね。

これから石川と会うのよ。笑
大岡 あの試合は、負けてないといえば負けてないですからねー!!
狂拳 あれさぁー、、ぶっ飛んだねぇー!

なんか、いきなりバンテージを取られてんのよ。

オレは、勝ったと思ってて。

ナオキックを切った所までは記憶があるのに、バンテージを取るから、

「会長、もう一回わざわざ巻き直すのかよ?」って言ったら、

「負けたんだよ!」って言われて。

いやいや、何言ってんだよーって思っててね。

俺が倒れていた時も、「勝った、勝った」って言ってたらしいのよ。
大岡 でも、あれが凄いドラマを産むんですよね。

結果的に、リザーバーの水落洋祐に勝った久保優太が山本真弘に挑む、と。

なんだかんだトーナメントを見てきたけど、一番面白かった気がしますね!
狂拳 確かに、盛り上がってたねー。
大岡 というより僕は、あそこまでがギリギリ全日本の香りを残してくれていたんです。
狂拳 確かに、ニオイがあったね!!

俺が、敵役だったからね。笑

俺以外の残ってる役が全員、全日本キック。



大岡 そうなんですよ!

あれは大月晴明が真弘に負けてるから、消えてて。
狂拳 あのトーナメントは、真弘が一番辛い道のりになっててね!笑
大岡 それで、決勝がリザーバーの久保優太が出てくる所が、真弘は茨の道ですよ!!

そんな中、劣勢の中での大逆転劇!!

まあ、リザーバーですけど久保優太は元NJKF的な敵役でしたね。
狂拳 でも、あの日はナオキックにはぶっ飛ばされたなー。

RISEのヤツは見てないんでしょ?
大岡 末廣選手と戦った試合ですか?
狂拳 そうそう!

もう組んだ時の首相撲の強さが嫌でねぇー笑

組みが強いけど、練習で狙ってた右クロスがマトモに決まったねー。

あの時って、6か7くらい連続KOしてたの。

で、3週間おきでやってた時かな?

たしか、MAの田中秀和かな?

拳竜かな?

スタートは。

田中秀和はアマからやってて、一勝一敗だったから決着つけれるって思ってて。

俺ねぇ、TSUYOSHI戦とか、このあたりの頃の試合がオススメなのよねー。

オレがフラッシュダウンして、ダウンじゃねぇ!って突っかかっていって笑

反則負けとか、訳わかんない感じの声が聞こえて。

でも、そこから試合がまだあって、TSUYOSHIがキレて大振りになりやがったから、カウンター決めたのよね。

この辺は、ファイトスタイルが違うのよね。

裕樹に負けてから、オレはファイトスタイルが変わったからね。

まあ、そこまで連戦でやってたのは、なんか負けたら死ぬって思ってたのよ。

でも、、、死ななかった。笑

あー、TURBOとかもね。
大岡 羅紗陀(当時、赤十字竜)と戦ってるんですねー。
狂拳 この羅紗陀戦の前に、

大月から「羅紗陀は、つえーぞ!」って言われてさぁ。

オレは全く知らないけど、大月は羅紗陀と練習してたと思うのよ。

で、オレは「ざけんな、余裕だよ」って思ってて。笑

で、菅原会長から

「ハイキック入るから、ガード上げとけ」

って言われてて。

試合が始まったら、ガードを上げてたけど、ハイキックもらって速攻でダウンしたのよ。笑

で、1R終わってセコンドに帰ったらボロクソ怒られて。笑


会長「ガード上げとけって、言っただろ!」

竹内「上げてたよ!」


って、やり取りだけがセコンドの指示。笑

後で、映像見たら、ガードは上がってるけど、真ん中の隙間を通して来てもらったのよね。

オレは上げてたんだよ、だから怒られ損だよ。笑
大岡 アッハッハー!笑

でも、NJKFでやってドローまでいってますからね。

まあ肘が出来るのが、良いですよね!
狂拳 元々オレは、そっちでやってたからねー。

ヨックタイ・シスオー、懐かしいなぁー。

顔が、結構おっかねぇーと思ったね。

ローが結構重かったなー。

裕樹のローは痛い感じで、筋断裂してタオル投入した時かぁー。
大岡 なんかK-1MAX63kgに合わせた体重での成績は、、、
狂拳 (さえぎって)63kgって、俺は全敗のはずよ、確か。
大岡 そうでしたっけ!?

でも、、、卜部功也は、上手いですよね!!
狂拳 オレ、前に来てくれるヤツが好きなのよ。

クニャクニャしてるヤツはダメ。
大岡 距離感を大切にして、ジリジリきたり、こっちが行ったら、いなしての選手はダメだと笑
狂拳 そう!笑

だから、オレはヤスユキとは絶対にやりたくない!笑

良さをとにかく消しに来るでしょ?
大岡 ヤスユキをどうやって攻略しますか?
狂拳 うーん、頑張る。笑

いやねぇー!オレって前に出る形しかしてないのよ。

下がるのを試合ではやらないけど、下がるのをしてみようと。

これから、下がろうかな?
大岡 これ、敢えて聞きますけど、現役って続けますか?

だって大分、階級上がってるでしょ?
狂拳 今、73kg。

もしやるなら、60までは落とす。
大岡 水落選手とか、さすがに65kgでやってますよ?
狂拳 でも、水落ってデカくない?

俺よりデカイよ!
大岡 水落選手、元々フェザー級ですけど、65kgで結構なマッチメイクしてます。

水落洋祐と戦って、どうでしたか?
狂拳 水落のパンチは、重くて固かったなー。

まあ、水落みたいなのは楽しいのよ!

だって、前にガンガン来てくれるじゃない?

貰うことを気にしないで来るから、オレもぶっ倒されてもいい!

で、やりあえんのよ!

そういう感じになれる相手だよね、水落は!

とにかく楽しいよね!

このセンデット(・サシプラパー)ってヤツ?強かったのよ、これが。

現役バリバリでもなんでもないくせに一番ローが重かった。

サウスポーだから左インローを蹴ってきたわけ。

インローでオレ、「あっ、足取れた」って思って、下見たら付いてたのよ。笑

あれは、足の感覚が無くなったなー。

木更津でやった、チャリティーとかいう興行だったんだけど。
大岡 菅原道場20周年ですよ、良いじゃないですかー!

この選手って、アンモーさんの絡みですか?
狂拳 いやー分かんないけど、そうかも知んないねー。

会長は、アンモーさんと結構仲良くしてるしね。

そうかぁー、木村ミノルとやったのは、2年前だよ。

早いねぇー。
大岡 早いですねー!

正直、これを言うと複雑ですけど、竹内選手って激闘派なのもありますけど、

この野杁正明戦をして卜部弘嵩戦。

これ以降、打たれ弱くなってしまったと思いました。
狂拳 この野杁正明戦からの卜部弘嵩戦って、何にも記憶が無いのよ。

野杁正明戦の最初のダウンで、すでに飛んでて。

あれで、野杁正明が二人に見えて。

だから、二分の一を当てた感じだった。笑
大岡 あの左フックは凄かった!

僕は野杁選手のパンチは右ストレートが良いと思ってて。

でも、腹が効いてて下がる形になって、ストレートの距離を作る状況に出来なくさせてるんですよね!!
狂拳 そうだねー。

あれは、腹が効いてたと思う。
大岡 あの右のボディからの返しですよ!
狂拳 あの右ボディからの左フックが一番体重が乗って、力が入りやすくて。

膝が一回低く入るからね!
大岡 でも、ここからですよね。

タフネスは消耗品だと感じたのは。
狂拳 あー、こいつは金玉か。

この時、見た?
大岡 いや、見てないですねー。
狂拳 これ、当たってねぇんだよ。
大岡 えっ!?そうなんですか??

この会見のコメント、素晴らしいと思いましたね。

僕は、「すいません」って言ったら、竹内裕二じゃ無くなるっていう強い意思とプライドを感じてました!!!

※竹内裕二✖︎宮川博孝戦は、ローブローでノーコンテストになる。

その後、会見にて竹内裕二は、

「申し訳ないと思っていない、殺し合いに勝ったのはオレ」、、、みたいな発言で批判続出だった。



狂拳 あの会見の時に、宮田にさぁー、

「トゲのないように喋れるか?」って言われて、

「喋れる」って言って、アレだよ!

オレは言う事決めてたよ、ぜってー許さねーって。笑

 

 

「トゲは、絶対に立てない」って言っておいて、トゲトゲだよ。笑


大岡 アッハッハー!笑

でも、あれは正解ですよー!!
狂拳 宮川は、気持ちが弱い!

最初にリングに上がって分かった。

ボソボソと「殺し合いをしたいとおもいます」って。

なんだ、こいつって。

記者会見の時も「この間の殺し合いという発言は、、」とか言いながら、目も合わさねぇで。

こいつ、何なんだよ!

いやー、懐かしいなあー。

こうやって戦績を眺めるとね!
大岡 でも、今のクラッシュは見に行けないですね。

というより、全日本キックじゃないから寂しいです。

だから、行くのやめました。

あれが最後かな?卜部弘嵩VS島野浩太朗。

元々は、大月晴明VS卜部弘嵩の予定だった試合。

結果的にどちらも楽しみでしたねー!!
あの試合より少し前の興行時に、菅原会長が「勝てる所がちょっと、、、」なんて会話で僕に言ってて。

僕は、本心か分からなかったです。

この体格差・リーチを活かせば最後は、いけそうかなと思ったりもしました。
狂拳 会長は、マジで言ってたよ。

でも、オレが「やらした方がいい」って言ったからね。

卜部弘嵩のいい所は、勝利への執念は凄い!

それで勝ってるから凄いよ。

彼は、K-1愛も凄い。

ただオレは、どこの団体が、どうとか全くない。

面白かったら面白い、どこの団体だろうと素晴らしい。

これだけだね。



大岡 僕も、それです。

BLADE寄りとかいうつもりはないので、城戸選手の試合に不満を感じたから、本音を書きました。
狂拳 負けてたの?
大岡 負けですね!

まあ、ブログで書きましたけどね。

しかも、アーメン・ペトロシアン。

これがジョルジオ・ペトロシアンとは雲泥の差のレベル差がありましたね。
ーーーーーーーーーー
明日に続きますm(__)m

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中