最高の漢だ、竹内裕二インタビューPart6

http://fight.blogmura.com/

大岡 それにしても、大月晴明について語ってる量が少ないっすよ、これ!笑
あと、これはファンの子と会話した時に言ってたんですけど、クラッシュでの大月晴明復活の平塚戦。

 
あの時はまだ、「大月ぃー!!」って男の声が結構あったんです。
でも、板橋寛戦って、その声が会場で少なく感じたんですよね。

全日本キックのファンの声が減っていて、
クラッシュのファンは、


「大月晴明は、もう別に…」
って感じに思えたんですね。
寂しかったです。

だから、僕は大月晴明✖︎ヤスユキをクラッシュだけでは絶対にやらせたくない!


って思ってました。
ヤスユキの事を知らない所で、やらせたくも無かった。
だからベストな団体は、NKBだと思ってましたし、今もそう思っているのが本音です。
  

狂拳 なるほど。
すげえ、分かるわ。
大岡 それで思うのは、もしクラッシュに竹内裕二が復活って上がっても、
「ふーん、そうなんだー」


、、ってなりそうなんです
それだったら、NJKFとか新日本に上がるとかの方が刺激的で、
「おー、狂拳だよー!」
ってファンからの声も大きくなりそうに思えるんですけど、
そんな事は思わないですか?

狂拳 アウェイって事?

大岡 アウェイっていうより、
クラッシュ以外の方が、竹内裕二の事を知ってるファンが多いような気がするんですよね。
真弘の入場なんて、僕だけ声を出してて、お寒い感じでした。

狂拳 真弘は、元々人気は無い選手でしょ?
オレと戦った時の真弘への声援は全然だったし、オレにも声援なんて無いんだけどさ。
そういや、オレと真弘と(渡辺)一久とか闘士が同い年かな?
  

大岡 ヤスユキとSHIGERUが30かな?
町田光は今27歳くらいなんですよね、確か。

狂拳 えっ?SHIGERUって30なの!?
意外と、いってんだねー。
    

町田は、オレ10代から知ってるからさー。
MAだから。
あいつはプロ意識が高いね。
オレは板橋って同い年くらいかな?
あいつの絶頂期と俺の時って近いのよ。

大岡 板橋寛が、RISE王者の時ですね。

狂拳 その時にオレは、トーナメントで散ってんじゃん。
クラッシュ第一回目のトーナメントに優勝して、オレは「RISEの王者とやらせろ!」って言うつもりだったからさー。
その計画をしてたら、気づいたら控え室だった。笑
オレは、とにかくRISEとクラッシュが交えたかった。
オレは合併というか統一というか、そういうのを意識をしてたから。
なんか、よく言うじゃん!


「どこどこのチャンピオンが強い、最強!」だとか!


やってからの話だろって!

だからMAの時に、オレは大月と元気の名前出してたけど、次は板橋だなって決めてた。
あいつはやりにくそうだけど、そんなの関係ねぇだろ!って。
誰が強いか、やんのが一番分かりやすいじゃん!
  

大岡 町田選手も前に、竹内選手と卜部弘嵩選手の名前を出してた時がありましたよね?

狂拳 町田もオレと同じなんだと思うよ。
みんな選手だったら、そうだと思うの。
上の人間は、違うじゃん。
商売を考えるからね。
もちろん、気持ちは分かるんだけどね。
大岡 経営者の立場を考えると分かるけど、

ファンと選手の目線に立つと、
真実が見えない。
ただ、、、ヤスユキ選手はそういうのと違うんですよね。

 
狂拳 やりたい奴とやりたいだけでしょ?


スケベな奴だよ。笑


キックの○○○ンだね!


大岡 笑 だから、水落とやりたいとも言ってますよ。
狂拳 えっ?水落って、何で?
大岡 漢気を感じるから、ってだけですね。
65kgでも構わないって感じですよ。
狂拳 へぇー!へぇーーー!!


ヤスユキは、、、やっぱり変態だね!笑

  

大岡 体重は妥協するんですよ、
やりたい相手だったら。
宮越も、そういう存在なんでしょうね。 
狂拳 オレは、あいつとやりたいとかって言う感覚じゃないねぇー。

板橋とか大月、山本元気って選手というより、
本当のトップは誰なのか?
統一だろ?

っていうのが殆どの気持ちだったから。
ウチの会長が派閥みたいなもんが無い人間だし、
だから新日本だろうと、クラッシュだろうと、どこでもオレは行けてたね。
大岡 なるほど!菅原会長は良いですね!
かなり話し込みましたけど、大丈夫ですか?
  

狂拳 今からクラスが始まっちゃうらしいっすわ。笑

大岡 いやー、長い時間ご協力して下さり、ありがとうございました!

最後に、聞かせてください!
大月とヤスユキ、どっちが勝ちますか?
5Rムエタイルールですけど。
狂拳 やっぱり大月に勝ってもらいたいね!

難しいだろうね。



でも、駿太戦でヤスユキは、もらってるからさー。

接近戦なんだよなー、もらうのって。
でも大月は、ロングレンジの選手だからなあー。
1Rで、どれだけのものを決めれるか。
板橋戦の後半に落ちてたし、、、
まあ大月晴明に一票だなっ!!
大岡 KO勝ちですか!?
狂拳 そうだね、初っ端の1RにKOだね!
そこが、チャンスだから。
一発で沈めたら良いんだけど、その後にラッシュしてガクンて落ちたら、もう無理だし。

二人ともが好きだから、相当研究してるはずだしさぁー。
研究した大月晴明の洞察力に、一票入れるわ!笑


大岡 素晴らしいですね! 

本当にありがとうございました。
最高の思い出になりました!

狂拳 とりあえず次は、ウチの会長にインタビューしてね!

ーーーーーーーーーーー

こんな感じで、話を終えた。
いつ会場であっても、楽しい男でいてくれる。
それは、竹内裕二という漢のキックボクシングファンへの思いやりと感謝の念だ。

島野浩太朗選手は、竹内裕二を以前このように語っていた。

「僕は、どこどこの団体のベルトとかを目指していないですし、興味はないんです。
ただ人間として、会長や竹内先輩のような人になりたい。
それだけなんですよ」

 
とシュートボクシングの会場にて、僕に語っていた。
その部分が見え隠れしていた今回のインタビュー。

よく考えたら、そういう人を選んでインタビューをしているような気がするから不思議だ。

僕自身への思い出作りというのが基本だが、
キックボクシング・ファンへの贈り物という意識もありました。

思い上がりだ、と言われても否定しません。
そうやって気持ちを高めていく理由を毎回作りながらやっていました。
これが、大月晴明✖︎ヤスユキを占うボーナストラックのインタビューでした。
そして帰り際に、
「誰との試合が観たいかなー?」と竹内選手が言っていたので、
僕は「駿太選手!」と言った。
まあ、難しいのかな?
町田光選手という名前を出しそうになったが、
何故か駿太選手か出てきた。
どうしてだろう?
これだなぁーって、ふと思ったんですよね(^_^)
あと、音楽の世界じゃないですけど、未発表音源的なものも、いつか世に出せれば嬉しいです。
まぁ今のところは、残念ながら僕だけの想い出にしまっておく事になりそうですけどね!
では、9月16日に後楽園ホールで、お会いしましょう!

僕の心のメインイベントは、
大月晴明✖︎ヤスユキ。

是非、大月晴明選手、ヤスユキ選手に良かったらチケット購入をよろしくお願いします^_^

僕は、アメブロなどで名前の出してきた友達Hと友達Yと一緒に観に行きますので!

 
そんなわけで、残り僅かの大月晴明物語、最終章を眺めましょう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中