ゴロフキンVSウィリー・モンロー・ジュニアPart2

  

ゴロフキンの相手だった、

ウィリー・モンロー・ジュニアは黒人特有の柔らかさを備えもった選手だ。
もし、ゴロフキンがナックルを返してないフックをたくさん放つようだったら、

肩で弾かれて、バランスを崩していく場面が多発していくわけです。

ゴロフキンのパンチの振りは、

割と大きい方だ。
でも、これを帳消しにするのが、

ゴロフキンの体のしなやかさ、だ。
その上で、軸がぶれない軸の強さが武器。
だから、大振りしても身体が流れずに、

そこから小さな溜めで、

すぐに切り返すスムーズさがある。
これを備えているのは、

下半身の厳しい鍛錬によって作り上げた土台を元に出来上がっている。
よって、そのスムーズな連打に繋がっていく。
正対しながら、

前へ行く姿には、
己への絶対的な

「自信」と「覚悟」


が見える。

  

その精神的な支柱からくるクレバーさ。


打たれ強さへも自信があるように見える。

だから、プレッシャーのキツさが尋常ではないのだろう。

右でも左でもリードジャブのように行く姿には、

ロマゴンとは違う嫌味な感じを僕は受けている。

僕の中では、ゴロフキンはロマゴンよりワンランク上の選手に見えているわけなのです。



ロマゴンは、作り込みいらずの怖さを感じるようなスタイルに、

最近は、

なってきたように見える。
ゴロフキンは、そこが違う。
でも二人とも、

詰めている時のクレバーさが共通した恐ろしさだ。
で、、、モンロー戦だ。
あれは、何だったのか?
あのゴロフキンらしさを感じられないガス欠具合。
大きいパンチを放ったあとの繋ぎへの遅さ!
バランスの崩し方は!!
練習が出来なかったような怪我をして、

追い込めなかったのか?
体調不良だったのか?
それでも、6RKO勝ち出来るのだから大したものだ。

 
でも、、、解説でも語っていたかもしれないが、

中間距離で対峙を続けてしまうとポンポンと、

ゴロフキンはパンチが出るから、


モンローは敢えて、

クロスレンジ・接近戦で大きいパンチに合わせて、


ゴロフキンの「間」がある所に、

パパパッと合わせていく事を選んでいったのがモンロー。

  
そしてパッと離れたら、


ゴロフキンは正対しながら戦う選手なので、


そこを狙って真っ正面のゴロフキンにノーモーションのパンチ、


速さを優先したワンツーを放って当て込んでいった。


モンローと陣営は、

ゴロフキンに対して出来る戦略を遂行してきた。

賢いやり方だった。

でも、すごい勇気の必要な戦略ですね(~_~;)

  
ミドル級という問題もあるが、
もっとチョコマカと!
せわしなく動き回るヒット・アンド・アウェーに徹する選手だったら、
あの日のゴロフキンの出来だったら、

攻略出来たのかもしれない。
そんな事を見ながら、思った。
まあゴロフキンが、

緊張感が少なかったのだけは間違いない。

思ってるほど動けなかったのもあり、

ますます、ムキになってたように見えた。

いい緊張感を見せなかったのは、

これも
「心の趣き」ってヤツだ。

  

結論は、ゴロフキンが思ってる想定よりモンロー・ジュニアが良かった。

これに尽きる。
アンドレ・ウォードと戦うのが、

この日のゴロフキンの仕上がりだったら、、、

どエライ目にあってた気がする。
ゴロフキンの完敗劇は見れてただろう。
ゴロフキンも大一番は、仕上げてくると思うんですけどね^_^
しばらく見てないアンドレ・ウォード。
僕は好きなんですよね^_^
アンドレイドは好きだが、

彼はフットワーカーでは無いのが、

ドッシリと構えるスタンスの広さが、それを象徴している。

階級も下だから難しい。

ゴロフキン攻略できるタイプではないと思う。
あとは、エリスランディ・ララか。
ちょっと、、、甘さがあるなぁ。。
やはり、ゴロフキン攻略の糸口は、

アンドレ・ウォードだと思うのは僕だけだろうか?
前も書いたけど、ディミトリー・ピログがいれば、、、見たかった。
久しぶりに、ケスラーVSウォードを見てみようかな?

学ぶものが沢山ある試合だった記憶がある。

当時のケスラーは、

骨太の王者に見えたんですよねー^_^

引退したのかなー?

そんな所ですm(__)m

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中