打倒ムエタイのロマンを最高に体現する男・梅野源治VSセクサンを考える。

http://fight.blogmura.com/

  

今回のセクサンとの一戦は、タイで戦うという。

大変意義がある!
素晴らしい事だ!
梅野源治の試合における所作は、心模様が見える。
それが、、、危ないと捉えてしまう。
それと同時に、人間臭さが見える。
梅野源治は強いからファンが沢山いるというだけではなく、

弱みが見える人間臭さを、

心のどこかで感じさせてくれるから、

ファンが沢山いるのだろう。



と思って、

僕は見ている。
高みを目指すのは、同時に自分をとことんにまで臆病になる必要もあるのでは?
と考えさせられる男だ。
先日の竹内裕二選手にインタビューした時に、

「梅野源治は、強いねー。

ずっと顔が怒ってるねー。」

と語っていた。
僕は、こう答えた。
「誰よりも、怖いんでしょうね。

だから、怒ってる顔をしてるんでしょう。

それが、彼の強さでしょうね」
それと、過去に書いた事がある。
梅野源治には、心の淀みを感じる、、、と。
殺気がある選手。

その殺意への誘(いざな)いは、何処から来たものなのか、、、。
根源にあるものは何か、、、。
目の前の相手というより、もっと違うものが怖いように映る。

だから誰よりも、恐怖に駆られながら倒したい。
早く倒したい。
今、倒したい。
理由は、自分が助かりたい。
異様なほどに拘り、執拗に生き残る事へしがみつく。
もがき暴れる心を見せないように、
怒りの表情になっていく。
死にたくないと、人一倍に拘っている。
誰よりも、破滅から離れようとしている。
でも同時に、自己顕示欲にかられる。
屈服させてやる、と意気込んでいると捉える事も出来る。
油断や驕りを排除した所で生きて、
周りを認めさせたい。

そんな思いが、

キックボクシング・ムエタイ競技者の選手を見ていて、
誰よりもずっと根深い所まであるように見える。

だから、あそこまで梅野源治は強い。

それこそが、彼の強さだ。

その心が、どれだけ危ないと分かっていても、
この根源が彼の強さであるから、
それをそのままセクサンにぶつけてもらいたい。
もちろん競技を見つめてきた濃度の高さも凄まじいものがある。

だが申し訳ないが、

トリニダードやメイウェザー、パッキャオと比べると、身体能力は日本人だ。
上体も、膝も、肩も固く見える。
それも自分で理解しているからこそ!
梅野源治は強い!!
凡人が積み重ねてつつ、


己というものを膨れ上がらせ、


溢れんばかりに肥大化させて生きる、


もっと奥深くにある心の根源。



恐怖の先にあるもの、
、、、それを見せる事になるのか?
タイ国での戦いというより、
殺意への誘いである、
己の恐怖心に潰されるのか。
平常心を失い、さらけ出してしまうのか。
心のコントロールをどのように行うのか、
をテーマに眺めるのも良いと思う。
また、技術面で眺める事も出来る一戦。
僕の想定では、梅野源治はセクサンに勝つと思っている。
理由は、セクサンだからだ。

  
その次の矢が、危険だと思っている。
どう考えてもセクサンは、
センチャイと比べたら何が良いのか分からないからだ。
センチャイは、センス、スキル共にパーフェクトに近い。

  
メンタル面と、加齢によるコンディション作りが課題という選手だ。
ただ、このメンタルの捉え方が難しい。
変に意気込んで無いセンチャイは、
梅野源治とは真逆にある、
平常心で戦いを演じるメンタルの持ち主だ。
達人・武人の領域とは、そういうものなのだろう。

  
梅野源治は、アスリートと言えば良いのだろうか。


バリアを張り巡らせた佇まいをもった梅野源治も、
身包みを剥がせば、ただの人。

センチャイは、そんな気配も風貌も感じない。
だからこそ強いんだと感じたのが、
五月のワンチャイPKのセンチャイの佇まいだった。
時代が悪かった、
巡り合わせが悪かった、
出来ることなら、

センチャイVS梅野源治がもう少し前に見たかった。
結果は、アムナット・ルエンロエンVS井岡一翔のような結末だったと想定する。

  
梅野源治の心がコントロールされ、
疑心暗鬼の沼にまみれていく。

際限の無い幻に、何を選ぶ事になるのだろうか?
日本至宝のムエタイ戦士、梅野源治。

畏怖される存在たる所以。

心の奥底にある何か、、、それを考え見つめるのが僕の楽しみの一つです。

梅野源治VSセクサン、、、予想は梅野源治の勝利です。
梅野源治、、、今度こそ勝つだろう!!!

デッカーのような、1ラウンドから仕掛けるムエタイ殺しは、

梅野源治には無いと思ってます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中