亀田興毅VS河野公平というかホプキンスの事を書いた記事みたいだ。

  

今回の試合前にて、色々と宣伝的に煽るように努力している亀田興毅。

「オーラがない王者」と河野公平選手への発言。


その態度について、否定的な意見を聞く。

僕は、良いと思っている。
結局は、試合が世界王者と呼ばれるに相応しいものを見せれば何を言おうと文句は無い。
それを見せれるか、どうかは分からないですけど。

ファンあってのプロ…というが、僕はそうじゃない。

引退したければ、すればいいし、

負けても続けたければ、続ければいい。

人生は一回切りだから、

他人にどうこう言われても、

自分の思うように、

好きにやれば良いのが正解だと思うんです。
人の一生なんて、自己満足だ。

格闘技もそうだ。

目指しているもの、

求めているもの、

人それぞれ違うし、

気にすることなく、突き進めばいいのです。
僕は、亀田興毅が勝つと思ってますね。

亀田興毅は、身体が疲弊していると想定しているので、

調子は悪いかもしれないが、

それでもボックスをすれば、

自然と亀田興毅の方向に導かれるんじゃないか、と。

そのあたりは昨日の記事を見てください。

  
河野公平選手、、、ガチャガチャと仕掛けずにボクシングをしようとすれば、

攻め手が少なくなり、

後手になってから、ラフファイトを仕掛けようとしたら、

その頃には亀田興毅が情報収集をして、

近づけなくさせて試合にならずに終わっていくのかな?

いや、ラフファイトも仕掛けるような性格では無い。

僕は、ラフアタックをやるなら、最初から仕掛けた方が正しいと思う。
揉み合いでも、汚い手は使えばいいし、
反則負けになる手前の範囲内で、

ゴングが鳴ったあとに食らわすなど、

精神的な揺さぶりは与えていった方が良い。
身体を預けながら浴びせ倒して詫びるフリなり、

なんでもやれるかなと思う。

  
試合開始から、

トップギアで仕掛け、

頭突きを逆に食らわせていくなり、

ラビットパンチ、

ローブローと、

亀田興毅をナーバスにさせる事がスタートのキリ方としては大事だろう。

そんな風に思ってしまうのは、


ボクシングのレベルでは、

河野公平は世界王者の中でも最下位に近い位置にいるはずだから、そんな考えにたどり着くのです。

ラフアタックをする気概、、、
僕は、スポーツマン精神を逆行するような事ばかりを羅列しているようだが、
それは、勝つ事のためへの心理戦だと思えばいい。
反則負けにならないように、どうするのか?
プロは、そういうものだと思うんです。
こんな風に書くほど、亀田興毅は天才的なボクサーでは無い。
なのに、こんな文章になるのは、
河野公平にそんな狡猾な事をやるイメージはないからだ。
真面目で、真っ正直だ。
そして、世界王者の肩書きを背負う質に見合わないからだ。

開始ゴング直後に、いきなりバッと突っ込んでいったり、
顔つきの変化で精神的に揺さぶりを掛けたり、
ノーガードで上体や顎を突き出してアピールしたりの挑発行為。
クリンチ際での足払い、
レスリング行為、
プラス反則打、
で、注意されて詫びたかと思ったら鋭いワンツーからの頭突きで煽ったと思ったら、
ジャブの差し合いのボックスをしようとしたり、

困惑させられるだろうか、、、。
世界王者たるものは、

策士でもあるべき。

知略家であるべき。

バーナード・ホプキンスは、そうやって魅せてきた。

僕にとって憎き存在でもありながら、

ただただ尊敬の念も持ち続けさせてくれていたボクサーだ。

最近、反則打について書く事が多いが、

スポーツでは反則行為は、「当たり前」だと見ている。

これを肝に銘じて、世界に挑む人間は突き進むのは当然なのです。

ボクシングだけじゃなく、
サッカーでもヒジを食らわせたり、

足を踏んづけたりするのは、

やってみたら、よくあります。

意図的じゃなくても沢山あります。

不可抗力のものもあります。
で、勝負事の世界なら、バレなきゃいいんです。

というより、バレない範囲の反則は技術です。

それが、勝負です。
これは負けた試合なのですが、

僕はホプキンスVSチャド・ドーソンがすごく考えさせられたんです。
ウィキペディアの文章を読んでもらえば、思い出せるかもしれません⬇︎
ーーーーーーーーー

2011年10月15日、チャド・ドーソンと防衛戦を行う。2ラウンド途中にドーソンに投げられるような形でキャンバスに転倒した際に左肩を強打、試合続行不可能となり無効試合となった。

しかしWBCは試合後にビデオ検証の結果引き分けと判断したため、ホプキンスに王座が返還され初防衛に成功した。

なおWBCの判断は引き分けとなったが、公式記録は無効試合と記録されている。
ーーーーーーーーー

  
思い出しましたでしょうか?
この試合は、どう見ても故意じゃないように見えたし、

ホプキンスの痛がり方は、芝居がかってみえた。

それは、ホプキンスの過去のキャリアもその思いを助長させているのだと思うが、

怪我をするような手の付き方はしていなかった。
で、この時に思ったんですよね。

「あー、ホプキンスは分かったんだ。

今日は続けたら負ける。

だから次回、研究して再戦にしないと無理だ」と。


ドーソンだったから、痛がる演技に走った。

他の相手なら、こうしなかったように見えた。

それこそが、ホプキンスの狡猾さであり、

勝負の世界で身を置き続けられた一流の嗅覚だ。

そんな思いにさせられた2ラウンドのノーコンテストだった。

  
この試合、酷かったけど考えさせられたなぁ。

亀田興毅の試合は、考えさせられるんです。

でも、河野公平選手の試合は考えさせられる事が無い。
さて、どうなるのか。

録画でチェックは、しようと思っている。

やるなら、とことん突き進めばいい。

僕は、亀田興毅がボロボロじゃなかったら、

普通に勝つと思ってます。

しばらく休んでいた期間で、オーバーホール出来たのか。

それとも疲弊は進んだのか、

この辺りを見ようと思ってます。

広告

2件のコメント 追加

  1. SoNick より:

    亀田がポイントを稼いで勝つ気がします。

    いいね

    1. 大岡 暁 より:

      ありがとうございますm(__)m

      普通に見たら、亀田興毅の完封でしょうね^_^
      僕は当日は見ないと思います。
      高知県では、放送が見れないようですm(__)m

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中