山中慎介VSアンセルモ・モレノを考える

  

モレノは、ディフェンスの良さをウリにしている不気味なボクサータイプのサウスポー。

でも、快足フットワーカーでは無い。
割と広めのスタンスをとって、柔らかいボディワークでかわして、リターンを当て込んでいくスタイル。
パワーパンチャーのイメージは無いが、

腰が据わっているので、

イメージよりパンチも無い訳では無いと僕は見ている。

  
この試合はモレノにとって、相性が悪い相手を選んだ。

山中慎介だ。
モレノがもし、山中の左への警戒心を強く持つ。

すると、どうなるか?
モレノのスタイルを崩してしまいかねない。

モレノは、互いが当たる・交差する場所で、巧みに操れてこそのボクシングだ。


“近くにいるのに、遠い気がする”


これを思わせられるか、、、だ。

モレノが、自分のボクシングを見失って、

大きく距離を取ったりフットワークを駆使すると、ダメだろう。
そうさせるだけの武器を搭載している山中慎介。
また、前回の山中慎介の試合を見て、リードパンチも多彩になっていった。

モレノのパンチは、打ち終わりにパチンのタイプだ。

最初に、モレノがドスンとカウンターを打ち込んで、

山中慎介をナーバスにさせれば、

試合は混迷の状況となるだろう。
でも、そうはならないと見ている。
モレノは、ぐっと堪えて、キャリアで得た技術・ボクシング脳を持って、

慎重策を採用しジャブ主体になるとみる。
でも、長年の試合・練習を含めたキャリアゆえに身体の疲弊も、

大きい選手がモレノだと見える。

だから、モレノの判定負けが濃厚だ
山中が、左を上下に散らして、前に出てくる状況を作り出せれば、KOがあり得る。
山中慎介の素晴らしい点は、

いつ如何なる時も、自分のファイトスタイルを崩れることがない!

  
ファイトスタイル云々は、さておき、
普段の練習から自信・信念を感じる男だと僕は思っている。
技術論はもちろん大切だが、

メンタル面の強さがあってこその左を当てる作り込みが出来ているんです。
唯一の点は直線的な動きの多さが山中慎介の気になるところか?
前回の選手が、それほどの選手じゃなかったとはいえ、リードパンチは左ストレートの当たる所へ誘うようなボクシングをしていた。
モレノはサウスポーで、見切りも良い選手。

しかも、慎重にも来る可能性が高い。

  
それを色々と考慮すると、山中慎介の判定勝ちを予想する。
ここの所、格闘技界でアウェー戦では惨敗が続く。

ホームで闘うのは、それだけ大きいものなのだ。

是非、ヨーロッパでリー・ハスキンスと見てみたい。

  面白くなりそうだ。

芯の強さを感じさせてくれる落ち着き払った山中慎介がアウェーでも、

そのままであってくれるのか?
もう、そろそろイングランドやベガスで戦ってくれて良いと思う。
アウェーに行くと、何故かリードパンチが減ったりするものだ。

西岡利晃の後継者に相応しいはずの男が何故、この状況か。。。

アメリカで戦う姿が見たいぞ!!

もう日本は、サヨナラだ!!

心より期待している!!

そんな所ですね^_^

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中