アムナット・ルエンロエン。チャイヨー!

ロッキー・フェンテス、

井岡一翔、

アローヨ、

ゾウ・シミン、

カシメロ、
いやー、これですね^_^

是非、このような防衛ロードを日本人ボクサーも歩んでもらいたいです。

プロテクトされている選手は、コアなファンにはバレると思うので、アムナットのように威風堂々たる道を突き進んでほしい。

アムナットについては、
クリンチワーク、

ホールディング、

首相撲、

レスリング行為

などを、日本人ボクシングファンから、否定的に言われるアムナット。

僕は、それだけの見方をした意見にチープさを感じている。

何故、この心技体の面を、まず捉えないのかと。

確かに、ルール上は禁止されている行為だ。

だが、その実は誰しもがやっている行為だ。

何故???

それは、技術だからです。

なので、練習の際に押し合いなども取り入れている選手もいる。

体幹を強くさせようと、相手の重心位置を理解し、どのようにずらせば崩せられるのか?

を考えている選手はいる。

組み方の手の位置、足の位置、

そして懐に入っていく方法論も考える余地もある。

自分から行くのか、相手のパターンを見繕って誘い込むのか。

スピードがある選手イコール飛び込んで入るわけではない。

ルールとは曖昧だ。

この曖昧な部分をどのように利用するのかも、勝者のメンタリティとして語らねばならない。

勝負事に身を置いた人なら、経験がある人なら、分かるはずだ。

分からないというのなら、本当の勝負師的な位置で勝負をしていない所で生きているのだというのが僕の思いです。

アムナットは、ここが長けている。

メイウェザーもそうだ。

クリチコなんて、正にその象徴のような存在に思える。
、、、あれっ?こんな事を書く予定ではなかったので、このあたりにしておきます。

さて、アムナットの事を書こう。

機先を制するとかます時にはスタンスを広めて打ち込むケースも見られるが、

そこでナーバスにさせたら、ムエタイ戦士の要領でスタンスを狭く取って受けて構える所作を見せていく。

やや前足に重心を置いたフットワーク、

いやらしい位置取り、

位置取りの定義を書くのがややこしい。

サッサッと動き回るだけが位置取りではない。

相手の動き出しを見据えて、そしてそれに対して反応し選択する動作が問われる。

それが良いのがアムナット。

程よく脱力した構えから放たれる、フリッカージャブは、スナッピー。

右のパンチもそうだが、パンチの引きを大事にして、フォロースルーは効かさない。

それを持っているから、体が流れずにいられる点も良いところだ。

あと、持って生まれた、しなるパンチは独特のタイミングがあるように感じる。

ムエタイ戦士ゆえに、ディフェンスは基本的にスウェーをメインにする。

足も時折使う。
身体のバランスをあまり崩さない構えで対峙するスタイルなので、

相手が放ってきたものへ、リターンを放つ準備万端の状態を確保している。

位置取りの良さで、あとは後ろの足を引いて避けて、攻防を一体化させようというタイプであるアムナット。

欠陥的な部分を挙げるなら、後半のスタミナの問題だろうか。

後半は、割と雑に見える。

それは、加齢によるものなのか?

タイ国で生きてきた、あっけらかんとした民族的な問題が起因し鍛錬する部分が少ないのかもしれないし、

彼の過去の人生観からくるアウトローの道が、影響を与えているのかもしれない

足運びも、パンチも、乱雑になってしまいがちだ。

そんな中でも、幼少期から生きる術として選んできたムエタイによる戦い・経験値が、
戦況を把握し、クレバーさを頭の片隅に置いて、

なんとかやりきってしまう。

たしか、19歳でルンピニー王者か、ラジャを取った男。

アムナット・ルエンロエン。

ゾウ・シミン戦前は、毎日に近いほど連日のようにテレビに引っ張りだこだったと聞いた。

  お金で変わらず、

またアウトローの道に戻ってしまわぬように願ってやまない好きな選手だ。

エストラーダ、

ロマゴンにも挑戦状を叩きつけている。

井岡一翔とも、もう一度チャンスを与えるとも言っている。

年齢的に衰えゆく自分を理解し、荒稼ぎしておこうという構えか??

やるなら早く、実現してもらいたい。

毎回のように指名試合のようなマッチメイク。

フライ級戦線の中で、実は一番リスキーなマッチメイクをクリアしているのではないだろうか。

アウェイで、ゾウ・シミンと井岡一翔に勝った現実。

アムナット・ルエンロエン。

チャイヨー!チャイヨー!チャイヨー!!

広告

2件のコメント 追加

  1. しくしゅん より:

    私もアムナットは大好きな選手の一人です。
    アローヨ戦、カシメロ戦で散々な言われようでしたが、少なくともカシメロ戦は過度なダーティな部分を抜いたとしても完勝だと思いました。初めて井岡戦のそのスキルフルなボクシングに一発でファンになりました。
    よくダーティだと言われてるスタイルですが、そういう価値判断だけで彼の実力を決めつけられてるような気がしてならないです。もっとも、彼はそのダーティさに依存するほどヤワなボクサーではないし、むしろ元々の強さに加えてそういう部分があるから、より”勝ち”を拾えるんじゃないんですかね。
    軽量級のホプキンスといったらそれは違うような気もしますが、それに近いものを感じさせます。
    最近は”上手い” ”強い”選手だかりで、何かがずば抜けてたり、変わったクセを感じさせるような選手が少ないような気がするんです。
    そういう意味でもアムナットはホントに大好きです。
    後半バテるところもまた一興ですかね笑

    いいね: 1人

    1. 大岡 暁 より:

      ありがとうございますm(__)m

      日本人は、頑張る選手が好きですし、感情移入しますよね。
      それが、浪花節かもしれません。
      そういう選手も良いと思います。

      まあ僕は、アムナットがダーティかと言われたら、そうだと思わないのもあるんですよねー。
      格闘技は、戦闘ですから^_^

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中