心技体?僕は、体技心だと思う。

心があれば、技術も体力もついてくる。
という感じの意味の言葉ですかね?

違和感が感じませんか?


僕からしたら、体技心です。


これは、スポーツだけに限らない話ですね。
僕からしたら、当たり前の価値観ですが、いかがでしょうか?
「心」を上げる事は、実はかなり難しい。
人間が得ていこうとする中で、

一番手に入れていこうとする順序を考えると、
基礎体力→技術→突き抜けた心
になるはずです。
最初から、突き抜けたような心を持っていれば、それはもちろん技術も体もどんどん上がっていく。
ただ、そんな人は限られている。
というか、いるのか?
突き抜けた心を手に入れる為に、まずは体を作らなくてはならない。
体を作らなくては、本当の技術と呼ばれるものは手に入らない。
そして、通用する技術を手に入れれば、

立ち塞がる壁にぶつかっても負けないようにする心が宿っていく。

“その体を作ろうとする為には、初心という「心」が必要じゃないのか?”

と。
僕からしたら、心技体?体技心?とかを問う以前の話です。
本当のレベルを問う、突き抜けた心の話です。

心(根性)がある奴としますね。

あと、身体能力抜群の素材が良い奴がいるとしますね。
昔は、バリバリの技巧を持った経験者の奴がいたとします。
でも、いざ闘うとしたら、先ほど挙げた好条件を持ったものでも、

体力がないと、、、ヘロヘロになって心も折れる。
技術を持った人間も体力がなければ、

使えないくらいに、すぐヘロヘロになって心が折れる。
だから、体というのは大事です。
格闘技の場合なら、試合時間において最後まで自分のパワーが落ちないだけのスタミナがあれば!
“体”があったら、
思い切って行ける。
体があったら、
当然のように打たれ強さ・タフネスもある事になる。
気持ちは、体についてくるのです。
本当に当たり前の話ばかり書いている。
元々、持って生まれた天性のスピードも体力が無くなったら、当然落ちる。
パンチ、蹴りをブロックするにも腕力・タフネスが必要。
体を付けていく事によって、怪我等のリスク軽減にもなる。

体があるから、気持ちも付いてくるので動ける。
最初から、バカになって(良い意味のバカです)いけるのは、何故?

それだけの体を身につけているから、です。
明らかに力量的に上回る技巧派が、

スタミナのある選手に敗戦するケースは、まあまあある。
だから、基礎体力を重んじるのです。
基礎体力があるから、技術を身につけようと出来ます。
パンチ、キック一つ打つにも、ガードを上げっぱなしで、い続けるのも技術と体力の連動だ。

試合という緊張感だけでも疲れるし、攻撃をすると当然疲れる。
そうなると、パンチを打つ手が、どんどん下がってしまう。
疲れるとパンチを狙った所に、打てなくなる。
基礎体力があれば、狙った所に打つ精度に拘れる。

基礎体力と基礎技術を身につければ、突き抜けた心というものを手に出来る。
ここだと安全圏、ここはリスクが高い。
このパンチは当たる、このパンチならもらわない。
そういう技術を手に入れていけば、戦う自信を手に入れていく。

心が出来てくると、
日々の鍛錬していく中で、
現在の自分を作り上げてくれているファンや仲間達への思いを深く受け止めていき、
人間形成にも良い方向に導く部分もある。
たまに、格闘技経験者による嫌なニュースも目にするが、、、。
あと体技心は、一般の仕事においても同様の面がある。
自分自身の健康状態を整える事が、自身の集中力を高める時間が増えていく事に繋がる。
そういう集中出来る時間量を身体にしみこませていく事が仕事においても大切だと思う。
そして技術は、営業においてでは、ルール作法など色々ある。
時には失敗することもある。
へこたれそうになるときだってある。
それが財産になる。
その財産こそが技術。
その技術を手に入れたら、新しいお客様に対しても、

この人の場合は、こういう話をしてはどうかなと、心の余裕が生まれてくる。
というわけで僕は、なんであろうと体技心だと思う。
これは、徳島県にいる友達へのメッセージでした。

そして、明日書く亀田和毅の試合の感想に続く話にもなる予定です。

ーーーーーーーーーー

漫画の紹介です。

HEAT灼熱

また、池上遼一の漫画だ。

なんだかんだ文句を言いたくなる反面で、好きな漫画家の一人だ。

漢を描く人です。内容は、

新宿歌舞伎町に現れた男・唐沢。

唐沢は、2日でホストクラブを乗っ取りオーナーとなる。

背中に鶴の刺青を背負った唐沢は、池上テイスト満載の漢を彩ります。

定番と言っていいような感じで、

過去にロシアンマフィアを一人で潰した漢だという触れ込みだ(~_~;)

そんな男が、海外マフィア、警察、ヤクザを相手に戦っていく。

ヒールを装う感じに最初は書こうとしていたのか、

女と手当たり次第でSEXする感じだったのに、

いつの間にやらヒーローになっていく。

池上さん、もうちょっと計画的に書いてもらいたい。

でも、好きなんですよね

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中