適当に書く。アマチュアボクシングとプロボクシング

  
 
竹山晴友先生、、、武人だ。

というわけでブログ内容とは一切関係ありません
さて、これは個人的意見です。

アマチュアボクシングで金メダルを取るって、プロより厳しいですよね。

階級制の競技であるボクシング。
アマチュアは、12階級だったかな?

プロは、17階級。
これだけでも、差がある。

それだけでは無い。

プロボクシングの世界王者は、WBA、WBC、IBF、WBOという四団体がベルトを制定している。

17✖︎4=68人の世界王者がいる事となる。

この他に、実際は団体によって、
スーパーチャンピオン、

暫定王者、

ダイヤモンドベルト、

名誉王者(これは、なかなか無いので良いかな?)

と、世界王者、世界のベルトをあちこちにばら撒く事で、

あちこちで世界戦をしてくれれば、

その時には、団体認定料とやらでお金が吸い上げるわけだ。


金権ボクシング?

虚像の世界?

モンキービジネス?

しかも、それをそれぞれの運営者、

プロモーター、

ブッカー、

を含めた色々な理由で、

ベルトを剥奪させて王者決定戦だとか、

ガッカリするニュースが多い。

でっちあげ、、、だ。

だから、ボクシングを見る時は、余分な情報をシャットアウトしようとするのが僕の定番のつもり。

だが、、、マッチメイクを聞いただけで、

妙に考えてしまう自分もいるのです。

とはいえ、結局は好きだからエキサイトマッチは見てしまう。

そんな中でも逸材を見たくてエキサイトマッチは見るのです。
結局、現在のプロボクシング世界王者って何人いるのだろうか?
そういえばこの間、聞いたなぁー。

WBAが暫定王者がいるのに、別の暫定王者決定戦をして、

その暫定王者の二人で、本物の暫定王者を決めるとか、、、。


暫定の暫定?

本物の暫定?

ん?ん?ん?何でもなりだ。

暫定の暫定の暫定の暫定の暫定

の、、、をエンドレス化したいのかな(~_~;)
とことん、モンキービジネスを突き進んでるんだなと、口あんぐりだ。

で、何が書きたかったのかというと、

プロは、モンキービジネスが進み過ぎて、

興行論と金の利権というもので、

対戦相手を決めていくようなものになっている。
日本人の世界戦なんて、たまに練習みたいな試合がある。

一時期、試合をすぐに見るのをやめる時もあった。

国内戦は、ね。
ようやく最初に戻る。

最初に書いたアマチュアボクシングの話にしよう。

今のアマチュアボクシングは、

分からないが、アマチュアってルール改定がチョコチョコある。
まあ、それはいい。
最初に書いた通り、アマチュアボクシングの階級は12階級。

階級のトップは、たったの一人だ。
プロは、どうだろうか?

一つの階級に世界王者と名が付くものが、7人くらいいる時もある。
その時点で、アマと差がある。

プロの方が相手を選べるのに対し、アマは選べない。

正にサバイバルだ。

全然、違うのです。

そして、3Rルール。

3Rでトップを決めるなんて、、、とか、いう人は、なんでもいいので一度スポーツをしてみてください。
スプリンター系の身体の質を作らなくてはいけないし、

またペース取りも短期ゆえに、大事となる。

しかも、ポイント制でもある。

長期決戦は、もちろんキツイが、

短期ゆえに最後に心肺機能の強さ、フィジカル云々でゴリ押しして潰すというのも、

また難しい。
今は変わったかもしれないが、アマはダッキングも厳しい。

競技ルール規制があると、それはそれで、またプロスポーツとは難解にもなるのです。

何が言いたかったのか?

アマチュアボクシングの頂上である金メダルを取る事。

これは、プロボクシング世界王者より難しいとは言わないが、

また別の難しいものが待っているんです。
ガンガンやり合うのを見て、「ウォー!!」って吠えるのも楽しいが、

当たり前の事のように思えることをこうやって書いて、考察してみて頂けると、

スポーツの見方・視界が広がっていくと思います。
とはいえ、それぞれが、それぞれの楽しみ方で見たら、いいんですけどね。

十人十色、千差万別ですから。

僕は、こうなってしまうわけだ。

ーーーーーーーーーー
漫画の紹介です。

キン肉マン

愛と勇気、友情をテーマの漫画だ。

小学校の頃に見ていた漫画だが、とにかく矛盾だらけで、セリフも多い。

情報量をセリフに詰め込み過ぎる。

解説のような言葉が、酷い。

これを見れば一目瞭然だ⬇︎

http://matome.naver.jp/m/odai/2130260904777189201
僕は以前、結婚する辺りに、改めて買い直した。

それで、おかしなページに付箋やクリップをつけて行っていたのだが、

その量も多さに、本の厚みさえ変わってきたので断念した。

そのクリップをつけてる本を見て、友達Hが笑ってくれたのが、僕の思い出だ。

前半のキン肉マンは、つまらない。

やっぱり、王位争奪戦がベスト・オブ・キン肉マンなのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中