“ムエタイ都市伝説”ヤスユキ独占インタビュー。大月晴明戦とは?Part4

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

  大岡 これね、申し訳ないんですけど森井戦って興味ありますか?

センチャイとやる前なら、まだ楽しみでしたけど、もう今更って思うのも本音です。

興味ありますか?

ヤスユキ ないですよ 笑

大岡 返答、早っ!アッハッハー!笑

センチャイと大月晴明と交えたのは、デカイですね。

ヤスユキ パコーンと戦うのも早かったんですよー笑

大月からの森井って、ちょっと無いんですよねーー。

うーん、森井かぁーってなっちゃうわけです。

それだけ大きいものでした。

ーーーーーーーーーー

大岡 これを聞いておきます!

「キックボクサー・大月晴明を殺しました」って言葉、あれって本当は餞だったのか?です。

ヤスユキ あれは、ねぇー、、、あれしかないでしょーー。

って僕は、思ったんですよ。

そういう試合だったんで、あの試合は。

もう、絶対に言ってやろう!って思ってましたねー。

大岡 笑

ヤスユキ 判定じゃ、あの言葉は言えないんですよ。

やっぱり、あの倒し方じゃないと言えなかったんです。

大岡 あれは、素晴らしかったなー。

ヤスユキ あれで、一つの物語として完結したなと思いましたね。

勝ったから言えるわけですけど、自分の中では完璧だったなと思いますよね。

最初から最後までね。

大岡 よく出来たストーリーでしたね。

しかも結果的に、次に繋がっているわけです。

それは大月晴明も、です。

負けたからこそ、大月晴明✖︎那須川天心が実現するわけじゃないですか!

勝ってたら、那須川は無いんですよ。

ヤスユキ だからねー、よく出来てるなと思うんです。

  大岡 もし、大月晴明が勝ってたら、誰なんでしょうね?

何だったのでしょうね?

もう一人やりたい相手は誰と思いますか??

ヤスユキ うーん、宮越しか浮かばないんですよ。
ーーーーーーーーーー

大岡 青木真也選手って、味わい深いんですよね。

あのクレバーさ、そして言い回し、あとプロフェッショナル論というか。

ヤスユキ 面白いですよね。

ただ、僕が青木選手とプロとは?みたいな話をしたら、絶対に交わらないんですよね。

大岡 そうなんですよね。

ただ僕は、青木真也✖︎ヤスユキ対談って見たいけど、どうかなー?っていつも思うんです。

ヤスユキ でも、「お前、プロ意識ないなー」って言われたら、

「はい、そうです」で終わりなんです。

だって、ないですもん 笑

僕ってプロフェッショナル論って、出来ないんですよ。
“プロとは!”
っていうテーマで語る事って、僕はゼロなんですよ。

大岡 笑 「趣味です!」

で、終わりですか!笑

ヤスユキ そうなんですよ。

「趣味なんでー」って言ったら、もう話って終わっちゃうんです。

だから議論を交わせないんですよー。

大岡 僕は、少し前の世代、

今の世代のムエタイの選手を語るとか。

あと、技術体系・練習体系、その心の趣き、その極意の築きあげ方とか、

そういう対話にしたら、二人の捉え方を比較する形となって面白くなると思ってるんです。

心技体とか、そんな議論でもいいんです。

ヤスユキ そういうのだと、参考になる部分、学ぶ部分ってありますからねー。

大岡 これは当たり前なんですけど、サムライTVなり雑誌なりで対談ってあるじゃないですか?

ほぼ仲の良い二人って感じのものばかりなんですよね。

ちょっと交わると噛み合わせが悪いかも、、危険かも、、、って思うのは無いんですよね!

ヤスユキ うん。

大岡 仲が良いから、確実にすんなりやり取り出来るわけです。

ヤスユキ お互いに理解していて、肯定し合うしか無いわけですからね。

大岡 相反する対談って、なかなか無いなと。

青木真也✖︎ヤスユキなら、、理解し合える部分と合わない面がある。

だからリスキーな反面、二人もソワソワしてて、見ている側も、それに乗じてソワソワ出来るんじゃないか?

という期待が、僕はあるわけです。

もちろん二人は、しんどい思いもするかもしれませんけど。

そういった中で、認めあった二人の大月晴明✖︎ヤスユキ対談は面白かったですよね。

試合前対談というか、心理戦も含めて味わえましたから。

ヤスユキ 青木選手の場合は、どういう展開になるか?

これが不明ですよねー。

どんな話になるの?っていうね。

大岡 緊張感がねー!

やってもらう側は、疲れると思うんですけどね笑

見る側も緊張しますよー!
ヤスユキ 思考が違いますからね。

大岡 そこで何故、こんな話をしだしたか?というと、RIZINです!!

RIZIN、出たいっすか??


ヤスユキ (咄嗟に)いや、僕はどうでも良いっすよ。

大岡 アッハッハー!!笑

素晴らしい!!

そう言ってくれると思ってましたよ!

そうあるべきなんですよ!

日菜太選手がRIZINに出たいと、この間アピールしたと。

「キックボクシングをアピールしたい」と。

「キックをメジャーにしたい」と。

あれって違和感しか無いんですよね、僕は。

ヤスユキ 僕、キックがメジャーにならなくて良いんですよ。

大岡 やっぱりね!

僕さえ、やりたい奴とやれれば良い!ですね笑

ヤスユキ 僕が満足できれば、それで良いんです。

皆んな、アレってカッコつけてるんですかね?

僕は、町田の事は好きだし、

悪く言うつもりは無いんですけど、

色んな現役の方が、

「キックボクシングを、もっとメジャーに!」
っていうじゃないですか?

でも結局、考えるのって自分の事だけじゃ無いですか?

現役が、業界の事なんて、考える必要なんて無いんですよ。 

大岡 メジャーになったら、いい金もらえる、

もっとチヤホヤされる。

それを欲してるだけです。

もちろん、良い事ですけどね。
ヤスユキ それ以外に無いんですよ。

立嶋篤史も、そんな事を言ってるんです。

「メジャーに、とか言う奴は嫌いだ。

結局、自分が金を稼ぎたいだけだろ?」

って言ってたんです。
大岡 その通り!!

だったら、そう言えばいいんです。

もっと、チヤホヤされたい!って。

被害者を装い、不幸を演じるスターを僕は見たことが無い!!
ヤスユキ よくプロスポーツ界では、

「後輩の為に!」とか、

「これからの選手の為に!」とか言うわけです。

嘘くさいって、僕は思うわけです。

その時は、本当にそう思ってるかもしれないですけど、なんか違うなと。

それは辞めてからで、いいんじゃないの?ってなるわけですよ。

現役でいるうちに、「後輩の為に!」

とか言ったらダメですね。



大岡 これからの為に!って言葉も突き詰めたら、お金です。

だから僕は、米田貴志さんってシンプルだと思いました。
「55kgの世界最強はオレだ!って証明したかっただけなんです。

タップナー、やっぱり強ぇじゃんかよー!」

ってね。

それで良いんですよ。
ヤスユキ 格闘技って、そういうもんですから。
大岡 まあ、日菜太選手のアピールが悪いとは思わないです。

実際、それが彼の目指す理由にもなってるわけですからね。

強くなりたい理由にもなってるわけです。

ただ、矛盾を感じてしまうのが僕の性格です。

彼は、好青年ですけどね。

まあ、米田さんの現役姿を見ていて、矛盾を感じなかった。
ヤスユキ そうなんですよ。

現役は、強さを求めればいいだけです。
大岡 青木真也選手の話に戻るんですけど、インタビューを読んでいる限りでは、

あの人は、そういう点で矛盾が無いわけです。
格闘技だけで、飯を食っていく道を築いている随一の選手ですからね!

そして、それをビジネスだと公言しているわけです。

ここで大事なのが、それがね!

どれだけ険しい事か!!

って事です。

どこかの庇護の元で生きてるわけじゃないという意味を分かってもらいたいですね!!
ヤスユキ 青木選手は、険しい道をクレバーに歩んでますよね。

 大岡 「RIZIN、別にどうでもいい」

これだけで、ヤスユキ選手を体現してると思いますね!
ヤスユキ あのーRIZINで、センチャイとやれるなら出ますよ笑

大岡 笑 それって、誰とやるかってだけの話ですよねー笑

ヤスユキ 舞台がどことかじゃなく、

リングがあるっていうのは変わらないんですよ。

別に、どこでもいいんですよ。

また、センチャイとやりたいってだけです笑

僕は、REBELSも、NKBも、RIZINもリングだから一緒なんです。

本当に大月戦は、公民館で構わないと思ってました。

しょぼい片田舎の公民館でやるつもりでしたから。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

大岡 その方が面白いですしね!

ヤスユキ 大月は、そこは拘ってましたよ。

「いや!オレは嫌だ!

後楽園で、やりたいんだ!」

って、対談の時に語ってましたから。

大岡 僕は、竹村さんとインタビューする前くらいですかね?

ヤスユキ選手から「公民館でも、どこでもいいから、やりたいと大月晴明に伝えてもらいたいのです。

どこまでの腹つもりか、大月の腹が知りたい。

なんとか大月に会ってもらえませんか?」ってメールが来た時に、

僕も、腹を決めましたね。
「あー、これは僕が一回こっきりで興行やってやろう」と。
ヤスユキ 笑
大岡 あそこからの個人的な計画は、、、(これはカットです)

、、、で、黒字になった部分は、REBELSとクラッシュに分ける。

そして僕は、完全ノーギャラって計画をしてましたから。

ヤスユキ なるほど。

大岡 まあ、思うんです。

人間って、自分に酔ってしまう。

もしくは酔いたいな、と。

僕は酔ってるんだなと思ってましたね。

正義に酔いたいんだなって。

人って、それが、どこか虚像の世界だと気付きつつ我にかえりたくない。

普段の自分などを言い出したくない自分というか。

人って皆んな、認められたいじゃないですか?

認められた時間って、人って至福なんですよ、きっと。

その時間って、解放された感じなんですよね。

生きていたら、色んな事に縛られてます。

それが性(さが)といいますか。

罪悪感を取り除く、

悪しき風習、

しがらみ、

大人の事情を倒す!

これって、楽しいわけです。

それを、見ている人と一緒にしませんか?

これは、皆んなの勝利だぞ!!

って、いうね笑
そういう人の心理の部分を、ちょっと考えて行動したいな、と思っていたわけです。

皆んなも酔ってくれよ!っていうね。

その為には、僕に金銭的利益は排除したかったんですね。
とはいえ、REBELSで良かったのかなー。

場所は、どこでもよかったですし。

ただ!僕は、NKBが理想でした!
ヤスユキ まあね!

NKBでやるのって、また違いますからね!
大岡 渡辺会長に、今回の興行タイトルだけは、

「死線でお願いします!」とか、僕が伝えさせてもらってね。笑

まあ、お会いした事も無いんですけどね笑
ヤスユキ 笑 まあ、興行名とか度外視で、やりたかった。

少し暗めにおとしている照明でね!

NKBは暗いですからね!

あれが、いいんですよー
ーーーーーーーーーー
大岡 話を変えましょう!

試合後、町田光を見て、泣いてた姿を

「可愛いやっちゃなあー」って言ってましたよね?笑

可愛いですか?笑

ヤスユキ いやー、可愛くなかったですか?笑

  大岡 僕は、彼の前で拳を合わせてよかったな!と。

それだけでしたね。

なんかね、終わってみたら、これが大月晴明の望んでいた事なのか。

それしか言えません。

彼のここまで語ってきた言葉がよみがえってきましたね。
あっ!ところで、大事な話をしてないです!

ゴンナパーについてですよ! 
ヤスユキ ゴンナパーですよね!
大岡 メールでも言ってましたけど、ヤスユキ選手がチャイディーとやった日のメインに出ていたとか?、、、

明日でラストです!

ーーーーーーーーーー

松田優作。
僕の好きな俳優さんでした。

遺作であるブラック・レインも当然好きだし、
遊戯シリーズも好きだが、
僕にとって、鬼気迫る演技が炸裂する作品といえば、、、

野獣死すべし

この作品だ。

改めて購入して、見てみるとやはり最高なのです。
松田優作を堪能するなら、これですね^_^
役作りのために62kgまで落として、なおかつ頬がこけたかったという理由で4本の奥歯を抜いた。
伊達になりきった狂気の沙汰。

「それは、神さえも、、、
神さえも超越している!!」

オススメ映画ですね

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中