“ムエタイ都市伝説”ヤスユキ独占インタビュー。大月晴明戦とは?Part5〜最後です〜

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

  

大岡 ところで、大事な話をしてないです!ゴンナパーについてですよ!

ヤスユキ ゴンナパーですよね!

大岡 メールでも言ってましたけど、ヤスユキ選手がチャイディーとやった日のメインに出ていたとか?

ヤスユキ たしか、バンタム級なんですよ。

今も思ってるんですけど、あれが同一人物なのかな?って疑問があるんですよ。
大岡 階級的にね!
ヤスユキ ゴンナパーがライト級戦線に来て、NKBにゴンナパーって、確かいたよなーって思ってて。

で、ゴンナパー・ウィラサクレックって一人しかいないんですよ。

だから、なかなか一致しなくて。

大岡 て事は、タイでいた時は、それ以下の階級だったって事ですか?

もしくは、青田買いしたって事ですか?

ヤスユキ 現役バリバリの時に、青田買いしたんだと思うんです。

当時、野呂っていう選手がいて、これが強いんですよ。

その野呂がね、3Rあたりで肘でバコーン!ってぶっ倒されてねー。

それが印象強かったんですよ。

そのゴンナパーが、水落とやった。

とか聞いて映像を見たりするわけです。

違うゴンナパーかなー?って思ってましたからねー。

大岡 僕はT-98と、ウェイト・ハンディキャップマッチをやって、

それでも勝ってしまうというのに、ビビりましたね。

ヤスユキ すごいっすよね。

あれは、タイ人しか出来ないですよ。

ゴンナパーとやりたいっていうのは、頭の片隅には置いてて。

でも今まで、ウィラサクレックと関わりがなかったんで、交わらないかなー?

どうかなー?って感じでしたね。

大岡 強いのに、あんまり名前が広まってないところも面白い!

ヤスユキ まあ、今まで戦った選手で分かりますよね。

強いっていうのは。

ーーーーーーーーーー

大岡 洗脳させる、信じ込ませるって大事なんですよね。

三国志でも、宗教的な部族というか軍って、あったんですよ。

黄巾族っていう。

黄巾族は、宗教的な部隊で強かったらしいです。

洗脳、信じ込ませようとする強さですね。

で、僕が思うのは、梅野源治と武尊って宗教的な強さって所になるんですよ。

ヤスユキ ほぉー。現実を直視しない強さってヤツですかね?

大岡 しがみつく、すがりつくって弱さでもあると思うんです。

けど、それによって強くもなれるっていう。

強さでもあり、弱さでもあると。

ヤスユキ 卜部も、そうですかね?

大岡 まあ、卜部功也には、そういうのは感じませんね。

ヤスユキ そうなんですよねー。

功也には感じないんですよね。

大岡 だから、卜部功也は良いんですよね!

まあ、すがりつく姿も素敵と思うんです。

例えば、サッカーのブラジル代表が、ドレッシング・ルームで試合前に集まって、聖書の一節を円陣組んで全員で唱えるわけですよ。

「マリア様、、、」とか言って。

ブラジルは、基本クリスチャンですから。

それは、カッコよく見えちゃうわけなんです。笑

ヤスユキ 様(さま)になるんですよね。

大岡 このあたりは、日本人特有の外国人コンプレックもあるとは思いますけど。

ヤスユキ 日本人には、どうしてもありますからね。

大岡 これだけの超一流のブラジル代表の人達でも、一つすがる場所を設けているというね。

すがりつく部分にも強さがあるんだなーって思うわけです。

ヤスユキ そういう意味では、タイも仏教は根強いですからね。

パコーンなんて、すごいっていいますよ。

パコーンの世話をしていた人と話をするんですけど、

パコーンがホテルに入ったら、ホテルの床か机に?呪文のようなのを、バーッ!っと書き出すわけなんですって。

タイ文字で。

ひたすら書いてから、お祈りを始めたんですって。

大岡 へぇー!!

ヤスユキ すごい熱心な仏教徒らしくて。

だから、胸の刺青もそうなんですけど。

信仰があついらしいですよ。

ーーーーーーーーーー

大岡 これねー、僕はウィラサクレック池袋の馬場さん。

僕は会場でお会いするたびに、伝えていたんです。

「ヤスユキに、ゴンナパーをぶつけてください。WSR興行でやってくれれば、必ず観に行かせていただきます」と。

馬場さんは、明るい人なんで爽やかに言うんですよ。

「あのー、ヤスユキのムエタイ都市伝説っていうのは、都市伝説だったんだーってバレちゃっていい?」

って冗談ぽく言ってたんですよね、確か。(後で分かったが、馬場さんも観たい!というのが本音だったそうだ)

ヤスユキ なるほどー。

大岡 WSRのエースって、一戸総太でしょうけど、真のエースはゴンナパーですよ。

僕の価値観では!!
ヤスユキ そうでしょうね、間違いなく。

ゲーオは、別格の位置に置いてるんですね笑

大岡 あれは、練習出来れば無敵ですよ笑

だからね、「やめといた方がいいよー」

とか冗談ぽく言ってたんです。

笑い話な感じに、僕もしてて。
あと言ってたのは、「ノンオーやゴンサックとやるより、下手に安全運転じゃないからヤバイよー」

って言ってたわけです。

僕は言いましたよ。

「だから、良いじゃないですか!是非、潰して下さい!!」

って。

ヤスユキ そのつもりで、僕もリクエストしましたからね笑

大岡 僕の「潰して下さい」は、

勝つ可能性を高めたい気持ちですけどね。

ヤスユキ まあ、そういう事ですよね。

なんていいますか、ゴンナパーって危険な橋なんですよ。

ただ、その橋って対岸が見えているわけです。

でも、今にも壊れそうな橋なんですよね。


“さあ、それでも走り抜けれるのかい?”



って感じなんです。

大岡 ほぉー。

ヤスユキ ノンオーとかゴンサックっていうのは、

難解な橋の形をしているというか。道が分かれていたりしている奇妙な形なんです。

でも案外、丈夫そうな見た目もしているんです。


ただねー、その丈夫そうで難解な橋は、時間制限もかかっててね。笑


大岡 面白い!笑
ヤスユキ 壊れそうな橋は、走り抜けられそうなんですよ。

で、走り抜けられる勇気はあるのかい??っていう問いかけのイメージですね。
大岡 ノンオーやゴンサックの方は、迷路ですね!

パッと見ただけで、これって3分で抜けるには難解すぎませんか?って感じなんですね。笑

もし、真っ直ぐな形にしてくれても、時間内にゴールにたどり着けるか怪しいですよね笑

ヤスユキ そういう事ですよ。

でも、丈夫そうなんですよね。

その橋の方が、見た目はね。笑

大岡 それも不気味なんですよね。丈夫そうな見た目だけど、落とし穴があるかもしれませんからね。笑

面白いなー!

ヤスユキ 僕は、馬場さんとはお話した事なくてね。

大岡 すごく明るくて気さくな方ですよ。

気持ちの良い人ですね!!

ヤスユキ そうなんですかー。

お顔も存じなくて。

大岡 これが、でも不思議ですよね。

よく決まりましたよね!

ウィラサクレックの興行でやるのが普通かな?と思ったんですけどね。

自信があるんですかねー。

とにかく、素晴らしいカードを、まさかのホーストカップ・大阪興行ってね!

ヤスユキ 橋を走り抜けますよ!笑

ただ、水落✖︎ゴンナパーを見てるとねー、見てられないくらい残酷でしたね。

蹴りだけだったら、ゲーオより痛そうなんですよ。

スネの硬さだけで、捉えたら。

大岡 いや、K-1の優勝の時のゲーオもヤバイですよね!

ーーーーーーーーーー

大岡 もう、K-1ルールやRISEルールって出来ないでしょう?

ヤスユキ そりゃー、そうですよ。

大月にムエタイルールをやらせたっていうのがありますから。

“どのツラ下げて、3Rで次戦をやるのだろう?”

って事ですよ。

大岡 全部、かなぐり捨てて来てくれた大月晴明の男気を感じ出るわけですから。

ヤスユキ マッチメイクが難しいから、

「3Rで、ハイ!ハイ!」って、言えないですよ。

  大岡 そうでしょうね。

それにしてもムエタイの上の方ってサウスポーばかりですよね?

サゲッダーオしかり、

センチャイ、

ゲーオ、

ゴンサック、

ジョムトーン、

センマニー、とかね。

ヤスユキ ノンオーやパコーンはオーソドックスなんですよね。

それで言ったら、ムアンタイって一応構えはサウスポーなんですよ。

大岡 えっ!?そうでしたっけ?

懐の深さを感じさせないなぁー。

ムエカオだっていうのは、あるんでしょうけど深く感じないですねー。

ヤスユキ ある意味、独特ですよね。

うーん、ムアンタイって、どうなんですかね?

大岡 あっ!!これだけ話していて、一人名前を出していない選手がいました!

ヤスユキ 誰ですか?

大岡 スターボーイっすよ!

ヤスユキ あー!スターボーイね!

大岡 これは、やっておきたいですよね!

スターボーイって、いつから知ってるんですか?

ヤスユキ 6年くらい前?

そんなあたりですかね?

7チャンネルのBBTVチャンネル。

激闘派の多い、赤と青のパンツを履いて戦う、あそこで有名で。

僕のタイ人の友達が、「オレ、スターボーイが好きなんやー」っていうのが何人かいるんですよ。

それで、知ったんですね。

ただタイトル剥奪されたのは、ムエタイ法違反の1日に二試合するという暴挙で。

それで、町田光戦が無くなったと。

だから、日本に来れるのかな?無理かなー?と。
大岡 逆に、日本に来やすいんじゃないですか?

向こうで試合が難しくなるのなら。

安くなりそうですしねー。
ヤスユキ 僕は、スターボーイなら町田光に勝つって思ってましたからね。
大岡 あれは強いわ。

あれは、強いっすよ。

ジャブを当てられたままに、とりあえず肘を被せるというね。

気が強くて、プレッシャーがキツイ。
あっ!ふと思いつきましたけど、中向とかオファー来たら、どうします?

ヤスユキ (とっさに)断りますねー。

大岡 アッハッハー!!笑
ヤスユキ 中向かぁー、微妙な線なんですよねー。

まあ、実際やれる日本人をピックアップしたら、絶対に入って来るんですよ。
大岡 本当はユッキーが入ってきたら良いんですけど、ちょっと遠いんですよ。

ヤスユキ 中向って、森井とやったら良いんですよ。

大岡 それは、良いっすね!

ヤスユキ そっちの方が、絶対に面白いです。

個人的に見たいですね。

どうなるのかな?って感じなんですよ。

ただ、いざ自分が、って言われたら、ちょっとなぁーって思うわけですけど笑

やっぱり、何にもワクワクしないんですよ。

大岡 大月とセンチャイと、やってしまったから、あの領域は無いっていう確信があるんですよね。

富原誠に誘ってくれないんですよね。

ヤスユキ そう考えると、日本人でやる相手って町田光しか無いんですよ。

自分も何周も何周もして、結局は町田なんですよ。

大岡 ほぉー。

ヤスユキ 宮越、町田なんですよ。

卜部功也もやりたいけど、間違いなく無理ですからね。

あとは、大和哲也ですね!
大和哲也→宮越→町田って感じですね。

  

大岡 最後に、町田!
ヤスユキ 順番として、大和哲也より町田なんですよ。

もうこれは、個人的に好きなんですよ。

こればかりは、それしか言いようがないっていう。笑

また、大月との対談みたいに、町田光とは飲み会でもやりたいですよね!

大岡 それは、もう必ずやりましょう!!

ヤスユキ そうなんですよねー。
大岡 収録しても、しなくても。

ヤスユキ ねぇー。

一回、戦ってる相手っていうね。

そういう感じで、話をしてもいいですよね笑


  大岡 今回の記事も、間違いなく見るでしょうからね!

ただ、梅野選手の話は、ほぼカットするか検討しますね。笑(カットを選びました)

ヤスユキ 僕は、NGワードがないんで、任せますよー。
もうねー、都市伝説なんて終わっていいんですよ。笑

あんなの終わってますよ!

都市伝説なんて!!笑

大岡 アッハッハー!笑

もし、ゴンナパーに勝ったら、”豪腕”大和哲也も無視できないですよね!!

ヤスユキ 大和哲也戦、一気に来るでしょうかねー。

そしたら、名前を一気に出せますよね。

まぁ勝ったら、何でも言えちゃうわけですから。

大岡 まあ、このあたりで終わりにしましょうか。

具だくさんですねー。

最後に!

大月晴明に何かメッセージってありますか?

ヤスユキ 一回、飲みに行きましょう!ですね笑

大岡 届くかなー??

これ、見てる可能性はないかもしれませんのでm(__)m

まあ、ゴンナパー戦は観に来てほしいですね!

ヤスユキ ゴンナパー戦は、観に来てほしいですね!

大岡 大月晴明の次戦に相応しいマッチメイクですから!

では、明日の仕事、頑張ってください!!

それでは、ありがとうございました。

おやすみなさい!
ヤスユキ お疲れ様ですー。

ーーーーーーーーーー
三時間に及ぶインタビューだった。
色々とヤスユキという人間を堪能してくれれば何よりです。
大月晴明。

ヤスユキが国内最強だと信じ、

不安と自信に揺れながら復帰し、

見事Krushで無敗を貫き、

NKBでもSB、そして新日本キックでは蘇我英樹にも勝利して、

決断して想いを乗せてヤスユキ戦に向かった男を、もっと取り上げてもらいたい。


そして、そんな大月晴明を介錯したヤスユキ。
もっと、取り上げられてもいいはず。


大月晴明の過去の言葉だけを追っても、ドラマティックだ。



まあ、このあたりにしておきます。
高知県の普通の会社員ですが、なんとか出来ましたね!

あと一点、付け加えておく。

個人的な意見だ。

梅野源治、、、強い男だ。

残念だが、もうヤスユキには勝てないと思っている。

理由は、、、僕は、大月晴明を信じるから。

  

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ーーーーーーーーーー
松田優作。
僕の好きな俳優さんでした。

遺作であるブラック・レインも当然好きだし、
遊戯シリーズも好きだが、
僕にとって、鬼気迫る演技が炸裂する作品といえば、、、

野獣死すべし

この作品だ。

改めて購入して、見てみるとやはり最高なのです。
松田優作を堪能するなら、これですね^_^
役作りのために62kgまで落として、なおかつ頬がこけたかったという理由で4本の奥歯を抜いた。
伊達になりきった狂気の沙汰。

「それは、神さえも、、、
神さえも超越している!!」

オススメ映画ですね

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中