漫画家の福本伸行先生が好きですね

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

いやー、ライブドアと併用するのか、どちらが良いのか、これがイマイチ分からなくて困ってます。

ボクシングの試合も見ていません。

これは困ってます。

そんな僕が今、書けるものを考えたら漫画の話ですね。

僕は、漫画家の福本伸行先生が好きだ。

“アカギ”や”天”、あとは”金と銀”などの作品を書いている。

これは多分、”金と銀”の作品の中で語っている言葉だ。

  ーーーーーーーーーー
一人の人間の必死さに時代が感応することが、ごく稀にある。
必死であれば。
というより、博打に勝っただけ。
皆、善人面をしたがる。
だが、彼にはそういうところはない。
自分を悪く仕立て上げ、それによって求心力を維持している。
「悪」であること。
すなわち能力の証明。
綺麗事を言う奴には言わせておけ
ようは勝つこと。
根っこは、これだ。
綺麗な建前を口にするが、

心の本音は、

「おまえは、おれに何をしてくれる??」

そんなもんだ。
ーーーーーーーーーー

人間の欺瞞、憤怒、猜疑心、憎悪

を書かせたら、これほどの人はいないんじゃないか?
と思う。

画力は酷いものを感じるが、

それさえも利用しているように感じる漫画家、福本伸行先生。

改めて、勉強になる。

頽廃の極みを憐れみ、

高貴な血族を愚弄し、

混濁の世界を彩り、

自ら生きようとせず、
他人をあてにする弱さを卑下する。
足枷になるだけの存在価値などない人間に対し、
生きる価値をも見いだせないほどの強さと、
豪運を携えた男が、、、

鷲巣巌。
  
それに相対する男は、何も背負わない無の境地。

福本伸行先生の理想があるのだろう。

それとは違って、僕はハートが弱い方だ。
だから、すぐに凹みます。
しばらくすると、クソー!と思う。
そこから時間をおくと、感謝の気持ちに変わっていく。
皆んな、それが普通だ。
昔の人は上手い事を言う。

“喉元過ぎれば、熱さ忘れる”と。


正に、そういう事なのでしょうか。
というわけで、興味がある方はお仕事募集もしております。
連絡先は、

tel:09015772929

✉︎felix.trinidad@i.softbank.jp

です。

大岡 暁(おおおか さとる)と申します。
何卒、よろしくお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中