ロンダ・ラウジーVSホリー・ホルムの感想Part2・年間ベストバウトだ!!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

  

google_ad_client = “ca-pub-5491641842977600”;
google_ad_slot = “4151004574”;
google_ad_width = 300;
google_ad_height = 250;


//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js僕は以前、他のSNSにて書いた事がある。
ロンダ・ラウジーは無敵では無い、、、みたいな感じで。

でも、彼女は勝ち続けた。
僕のイメージするものを凌駕する活躍ぶりに驚いてもいた。
過去にこんな事を書いている⬇︎
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あまりにも、パンチに対するディフェンスのルーズさに、
「女子格闘技の枠を超えた強さではない」
「まだ、スタンドの攻防は格闘技の創成期的な位置づけの段階なのかも」

…と思ってしまった。
現在の男子MMAを観ていると、

ボクシングと同様に脱力したスピード重視のジャブを使うようになっている。
少し前まで男子の総合も、打撃からタックルに入る、
逆だとタックルを切りに行くため、
どっしり構えるために上手く脱力したリードパンチを放ててない感じがあった。
でも今は、そうではない。

「総合における脱力したスピード重視のジャブの大切さ」に進化した。

総合格闘技は、オープンフィンガーグローブを使用させているので、

ボクシングみたいに、ブロッキングでは難しくなる。
グローブが、小さいので腕をあげてるだけのブロッキングでは、簡単にすり抜けてしまう。
なので、前手での牽制・パーリーは大事になる。
それにオープンフィンガーグローブは、
当然ボクシングのジャブよりもインパクトは相当強くなる。
ジャブだけで、相応のダメージを与えられるので、

深追いをした右ストレートなどの攻撃がなくても良い。
オープンフィンガーグローブの打撃は、ディフェンスしづらく、かつ大逆転のリスクも大きくなる。

軽打を、どの位置で放つか?
「位置取り・距離感の妙」

での戦いで勝負していると思う。
どこの位置なら攻防において優位にたつか?

そして、その位置からのベストショットの打撃は何か?だ。

男子のパンチより、女子のパンチ破壊力は破壊的なものが少ないから、

パンチのディフェンスがルーズになるのか??
ーーーーーーーーーー
と、そんな事を書いていた。
ロンダのパンチは、十分な破壊力を今は感じている。

他の選手にもそうだ。

価値観が変わったのか、競技がそこまで進化したのか。
その進化ゆえに今後のロンダ・ラウジーが、
もしヘッドムーブをもっと使う選手で

的を散らせれば少し変わったかもしれない、、、とか考える部分もある。

だが、それをしたらロンダの圧力・強みが削がれる可能性だってある。
だから選手は、自分の見つめ方は難しい。

http://adm.shinobi.jp/st/na.js
ロンダ・ラウジーが、今回の負けにより、改善点を補おうとするために、
色々と改良しようとして、ダメになる事だってありえる。

どうするのか、、、。
下手をしたら、これから負けこむ可能性もある。
実力は間違いないのだが、
怖いもの無しの強さも、

彼女の強さを助長させていた部分もあると思う。
とにかく、色々と楽しめた試合だった。

バランスは大事。

それを見せつけた試合だった。

女子格闘技史上、最高にパンチの出すタイミングの良い選手。

ホリー・ホルム。

気になるのは、彼女のミットを受けているトレーナーだ。
良いミットを持ち、良い距離を作り出しているのだろう。
ターゲットにどのように綺麗に決めるのか?を丁寧に伝え、
体得させていったトレーナーに僕は興味がある。

ロンダ・ラウジーは、ここまで築き上げてきた経験と感性の信じて、


前に出てきた。


そして、彼女がロンダ・ラウジーたる所以を確立している。

どんな相手も叩きのめしてきた。
ロンダ・ラウジーの欠点を、掘り下げても今は無意味なのだろうか、、、。
野性味溢れるビック・ダルチニャンのような殺気がここまで上り詰めさせた。
本当に、見つめる側にも問われる一戦だった。
この一敗により、気負うものが減り、さらなる成長を遂げるのか?
うーん、、、難しい一戦だ。
UFC史上の名シーンの一つになるだろう。
間違いなく、年間ベストバウトだ。

  

ホーリー・ホルムのテクニックと、

ロンダ・ラウジーの野性味がブレンドされた最高傑作と言える名勝負。

女性も、男性も、関係ない。
そういう事ですね!!
明日から、カネロ、コット、三浦隆司の試合についても書くぞ!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中